Appleがどのようにして最初の時価総額800億ドルの株式になったか

Appleがどのようにして最初の時価総額800億ドルの株式になったか

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

時価総額800億ドル

火曜日に153.99ドルの高値で取引を終え、Appleの株式市場価値は80280億ドルに達しました

これで、Appleは株式市場価値が8000億ドルを超える初の米国企業になりました

「Barron’s Next」でEvie Liu氏は、次のように述べています

株式市場価格、または資本化は、株式の価格に会社の株式の数を掛けて計算されます。Appleの株価は、9月の予定で次のiPhoneの予想を上回っている

  • Appleの株価は、1980年12月の株式公開以来57,403%増加しています
  • 株式は1999年に100億ドルの閾値を突破し、2005年には500億ドルに達しました
  • Appleの価値は、第1世代のiPhoneがリリースされた10年前の7.5倍になりました



スポンサーリンク




Apple0510kabu 002

Appleは2015年の7000億ドルの評価から今日まで8000億ドルに成長するのに2年以上を要しました

次の目標である 912億ドルに達するためにAppleは、12.1%の利益172.62ドルで終了する必要があります
株価が191.80ドルなれば、市場価値は1兆ドルに達します

画像元:Barron’s Next
(Via Barron’s Next.)


実に、10年前にiPhoneがリリースされて以来、在庫は7倍に増えているいて、1980年の新規公開株にして以来、57,000%増となっています

とにかくビックリする数字ですね、どん底の時代を知るものにとっては信じられないようなことです

市場価値は1兆ドルに到達する日は来るのでしょうか?


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)