オリジナルHomePodの新バージョンが来年に復活の新バージョンが来年に復活か?

オリジナルHomePodの新バージョンが来年に復活の新バージョンが来年に復活か?

BloombergのMark Gurmanによると、Appleは来年、新しいタッチインタラクションをサポートする新しいディスプレイを上部に搭載した初代HomePodの後継機種をリリースする可能性が高いと言っています

同氏は、自身のニュースレター Power Onの最新号で、このスマートスピーカは現在製造が中止されている初代のHomePodと同程度のサイズで同等の音質を誇り、今後登場するApple Watch Series 8のプロセッサ S8を搭載する予定だとしています

コードネームB620と呼ばれるHomePodは、Apple Watchに搭載されるのと同じS8チップを搭載し、サイズやオーディオ性能は新しいHomePod miniというより、初代HomePodに近いものになるとのことです

新しいHomePodは、上部のディスプレイがアップデートされ、マルチタッチ機能の話も出ているそうです

Gurman氏によると、新HomePodに搭載されるS8チップは、2020年のApple Watch Series 6に採用されたS6とも同じ仕様のS7チップになるといいます、ちなみに、現行のHomePod miniは、Apple Watch Series 5で登場したS5チップを採用しています

スポンサーリンク


Gurman氏は2021年、Appleが当初2022年に発売予定だったHomePodの後継機に関する計画を棚上げにしたと報じました、Gurman氏はその後、AppleがAmazonのEcho ShowやFacebookのPortalなどに対抗するディスプレイとカメラを搭載する新しいHomePodモデルに取り組んでいると報じてきましたが、現時点ではまったく異なる端末のように聞こえます

アナリストであるMing-Chi Kuo氏は最近、AppleがHomePodのアップデート版を準備しており、2022年第4四半期または2023年第1四半期に登場する可能性があると主張しています

Kuo氏は、初代HomePodと比較して「ハードウェア設計に大きな革新はないかもしれない」としています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)