Apple、HomePod miniのおかげで四半期世界スマートスピーカー市場シェアを記録

Apple、HomePod miniのおかげで四半期世界スマートスピーカー市場シェアを記録

Strategy Analyticsのスマートスピーカー&スクリーンサービス「Smart Speakers and Screens」の最新調査によると、COVID-19パンデミックによって引き起こされた厳しい状況にもかかわらず、2020年の世界のスマートスピーカー販売台数は過去最高を記録したと報告しています

Appleの新しいモデル、特に99ドルのHomePod miniや、非常に重要なホリデーショッピングシーズンに間に合って市場にヒットした他の会社の発表は、困難な年の締めくくりに貢献しました

スマートディスプレイは、スマートスピーカー市場全体の26%を占め、2019年第4四半期の22%から増加しています、さまざまなサイズや価格帯のモデルが入手可能になり、スマートディスプレイの力強い成長に貢献しています

Amazonは第4四半期にスマートスピーカー市場全体をリードし、Prime Dayの開催が遅れたことと季節的な需要が好調だったことから、Echoスピーカーの出荷台数は前年同期比で28.3%増加しました
Smart Speakers Share 00001

スポンサーリンク


Appleは、昨年11月に99ドルで発売されたHomePod miniの世界出荷台数が前年同期比で74%増加したことで、同四半期の傑出した成績を収め、Appleのマーケットシェアは、2020年第4四半期に過去最高の7.8%に達し、前年から3.1%増加しました

2位のGoogleはシェア22.6%だったが、出荷台数は前年からわずかに減少しました

Smart Speakers and ScreensのディレクターであるDavid Watkinsは声明で次のように述べています

今年、スマートスピーカーベンダーが直面したさまざまな障害を考えると、市場は驚くほど好調に持ちこたえています。遅れたプライムデーのショッピングイベントは年末の需要を押し上げ、もし部品の供給不足がなければ、市場はさらに好調だったでしょう。世界的な電子部品の供給不足が続き、2021年初めまでは需給がひっ迫する見通しです。スマートスピーカーメーカーがこの嵐を乗り切ることができると仮定すると、中国での継続的な回復と、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカでスマートスピーカーの普及率が低い市場での高い成長機会は、2021年の成長のための堅固なプラットフォームを彼らに提示するはずです

(Via Strategy Analytics.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)