HomePodアップデートにより、Apple TV4KからのDolbyAtmosの再生が可能に

HomePodアップデートにより、Apple TV4KからのDolbyAtmosの再生が可能に

AppleのHomePodが、Apple TV 4K所有者向けのホームシネマスピーカーとして、より便利になります

Appleは、今後のソフトウェアアップデートにより、スピーカーがAppleのストリーミングボックスからDolby Atmosオーディオだけでなく、5.1と7.1チャンネルのオーディオを出力できるようになることをThe Vergeが報じています

この機能は、2台のHomePodスピーカーをペアリングした場合に最適ですが、1台だけでも動作します

しかし、先日のAppleイベントで発表した 99ドルの新しいHomePod miniは、新しいホームシネマ機能をサポートしていません

Dolby Atmosのサポートが発表されたのは、AppleがHomePodとストリーミングボックスの連携を全面的に見直しているからです

まず第一に、tvOS 14.2 beta 3はApple TV 4 KのオーナーがHomePodをストリーミングボックスのデフォルトのスピーカー出力に設定できるようにするもので、これはAirPlay 2経由で接続していたときのようにオーディオ出力として再選択することをユーザーに強要するものではありません

スポンサーリンク


HomePodには、新しいサラウンドサウンド機能も搭載されており、空間認識機能を利用してバーチャルサラウンドサウンドオーディオを提供します

Appleのウェブサイトで指摘されているように、「Apple TV 4 K対応ホームシネマ」機能は、99ドルのHomePod miniはその空間認識技術やビーム形成技術に欠けているため、より高価なHomePodのみでサポートされます

HomePod miniは、AirPlay 2を使ってApple TV 4 Kで使うことができます

Appleの今度のアップデートは、HomePodがAmazon Studioに追いつくことを意味し、Amazon Studioは昨年のリリース以来、Fire TVストリーミングデバイス向けにDolby Atmosオーディオを提供しています

昨年、この機能を試したとき、Amazonのスピーカーは、より大きくて高価なDolbyAtmosサウンドバーに匹敵する音質を提供していることがわかりました

(Via The Verge.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)