AppleのHomePodは、米国のスマートスピーカーマーケットシェアのわずか5%

AppleのHomePodは、米国のスマートスピーカーマーケットシェアのわずか5%

わずか5%

Consumer Intelligence Research Partners (CIRP)の新しいデータによると、AppleのHomePodは2019年の第2四半期に米国で推定される7,600万台のスマートスピーカーマーケットシェアでわずか5%でした

Amazonは引き続き米国でナンバーワンのスマートスピーカーベンダーであり、Googleが続いています、Amazon Echoデバイスは、この四半期に米国のスマートスピーカーの70%を占めましたが、Google Homeデバイスも25%を占めました

Smart Speaker Market Share2019Q2 00001 z

スマートスピーカーマーケットは力強い成長を遂げており、米国の設置ベースは2019年3月四半期の7,000万台から9%増加の7,600万台でした

スポンサーリンク


エントリーレベルのモデルの継続的な積極的な価格設定は、新しい顧客がスマートスピーカーを試して既存の所有者が自宅にデバイスを追加することを検討するよう促し続けているようです

スマートスピーカーを所有しているほとんどの人は、Echo DotやGoogle Home Miniなどの安価なモデルを所有しており、これらのユニットは、この四半期に米国のスマートスピーカーの50%以上を占めています

Smart Speaker Market Share2019Q2 00002 z

AppleはHomePodの価格を349ドルから299ドルに引き下げましたが、スマートスピーカーはまだGoogleやAmazonのスピーカーオプションよりもかなり高価なため、市場での足場を築くのに苦労しています

たとえば、AmazonのEcho Dotの価格は50ドルですが、販売やプロモーションの期間中はさらに低い価格で入手できることがよくあります、Google Home Miniについても同様で、価格も49ドルです

(Via MacRumors.)


日本でも間もなく発売となりますが、価格は¥32,800でGoogleやAmazonのスマートスピーカーと比べると高価となっており、苦戦するものと思われます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)