watchOS 9.1、Wi-Fiまたはセルラー経由でApple Musicを充電せずダウンロードできる

watchOS 9.1、Wi-Fiまたはセルラー経由でApple Musicを充電せずダウンロードできる

Appleは本日、開発者にAppleはwatchOS 9.1 RCをリリースしました

Apple WatchのOSのアップデートにより新機能が追加され、Apple Watchが充電器から外れていても、Wi-Fiやセルラー経由でApple Musicの楽曲をダウンロードできるようになりました

Apple WatchでApple Musicのダウンロードが可能に

Apple Watchの限界の1つは、iPhoneからApple Musicの曲を同期させるにはデバイスを充電器につけなければならなかったことでです

Wi-Fiやセルラー経由でApple Musicの全カタログをストリーミングできるApple Watch Series 3が登場しても、Apple Watchを取り外すと曲をダウンロードする手段がありませんでした

今回のwatchOS 9.1では、電源に接続していなくてもApple Watchに音楽をダウンロードできるようになりました、アップデートのリリースノートによると、これはApple WatchがWi-Fiまたはセルラーでインターネットに接続されているときに機能します

スポンサーリンク


watchOS 9.1には他にもいくつかの新機能が搭載されています

例えば、このアップデートでは心拍数やGPSの測定頻度を減らすことで、Apple Watch SE 2、Apple Watch Series 8、Apple Watch Ultraを使用した特定のワークアウト中のバッテリー持続時間を延長しています、また、スマートホームアクセサリーの新規格であるMatterにも対応しています

watchOS 9.1のリリースノート

  • Apple Watch Series 8、Apple Watch SE (第2世代) 、Apple Watch Ultraに搭載されている心拍数とGPS測定の頻度を減らす機能により、屋外でのウォーキング、ランニング、ハイキングのワークアウト時のバッテリー持続時間を延長
  • Apple Watchの充電が切れている間にWi-Fiや携帯電話を使って音楽をダウンロードできる
  • 新しいスマートホーム接続規格であるMatterがサポートされ、多種多様なスマートホームアクセサリがエコシステム全体で連携できるようになった

watchOS 9.1正式版のリリースは、10月25日に行われる予定です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)