Apple Watch Series 8、内部テストに合格すれば体温センサーを搭載

Apple Watch Series 8、内部テストに合格すれば体温センサーを搭載

Apple Watch Series 8は、今年後半に発売される際、ユーザーにとって興味深い機能が少なくとも1つ搭載されることになります、それは、体温センサーです

BloombergのMark Gurman氏は、ニュースレター「Power On」の最新号で、将来のApple Watch SE 2と、エクストリームスポーツ向けと思われるApple Watchの頑丈なバージョンについて語る一方で、次世代Apple Watchに搭載される新しいセンサーについて語っています

Gurman氏は次のように述べています

今年のApple Watchには、いくつかの新機能が追加される見込みです。4月に私は、Appleが自社のSeries 8モデルに体温検出機能を追加することを目指しており、この機能が社内テストで基準を満たすと仮定していると報じました


私はこの機能が、標準的なApple Watch Series 8と、エクストリームスポーツアスリート向けの新しい頑丈なモデルの両方に適用されると考えていますが、今年リリースされるローエンドSEの新バージョンでは利用できそうにない

スポンサーリンク


体温機能は、額や手首の体温計のような具体的な数値は表示しませんが、熱があると判断した場合は、それを伝えることができるはずです

そして、医師に相談したり、専用の体温計を使うことを勧めることができるかもしれません

体温計以外のハードウェアの変更は、おそらくわずかなものになると予測されます、新モデルはSeries 6と同じ処理能力を提供する可能性が高いです

また、内部ではハイエンドモデルのディスプレイが更新されるとの話も出ています、より明るくなることが期待されます

(Via Power On.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)