Apple Watch Series 7はアルゴリズムの問題で体温測定を搭載できなかったが、この機能はSeries 8にも搭載されるかも

Apple Watch Series 7はアルゴリズムの問題で体温測定を搭載できなかったが、この機能はSeries 8にも搭載されるかも

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、AppleはApple Watch Series 7に体温センサを追加する計画を取りやめたが、この機能はApple Watch Series 8に搭載される可能性があります

一連のツイートでKuo氏は、Appleは当初、AppleのWatch Series 7のモデルに体温測定機能を提供するつもりだったが、昨年このデバイスがエンジニアリング検証テスト (EVT) 段階に入る前に、同社が開発した体温アルゴリズムが要件を満たさなかったため、計画を見送ったと説明しました

Kuo氏は、次のApple Watch Series 8には体温監視機能が搭載され、「アルゴリズムは大量生産に先立ってAppleの高い要求を満たすことができる」と考えています


スポンサーリンク


Appleが体温測定で経験した問題は、皮膚温が環境によって急速に変化するという事実に関係していると言われています、また、スマートウォッチはハードウェアを使って中核体温を監視することはできないため、正確な結果を出すアルゴリズムに大きく依存しています

Kuo氏は、Samsungも体温測定で同様の問題に直面していると付け加え、SamsungのGalaxy Watch 5にはアルゴリズムの制約により体温監視機能が搭載されない可能性があるとしています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)