Apple Watchの「Explorer Edition」は防水性能を飛躍的にアップ

Apple Watchの「Explorer Edition」は防水性能を飛躍的にアップ

1年余り前、BloombergのMark Gurman氏は、Appleが新しい頑丈なバージョンのApple Watchを開発中であることを明らかにしました

情報筋によると、この新モデルは内部的には「Explorer Edition」と呼ばれ、カシオのG-Shockシリーズなど、他のエクストリームスポーツウォッチと同じような流れで作られていたそうです

Gurman氏の情報筋によると、Appleは少なくとも初代Apple Watchが発売された2015年から、「エクストリームスポーツアスリート」向けの選択肢として、より頑丈なApple Watchのアイデアを検討してきたと言います、しかし当時、Appleは標準的なApple Watchのデザインにこだわり、その代わりに防水性を高めることに注力することを好んだようです

このため、Apple社内では、その市場に対応するウェアラブルのバージョンを生産するというアイデアが復活しました、Appleが新しいApple Watch SEをメインのSeries 8と差別化するために何かをすることは想像できますが、いずれにせよそれに関する情報はほとんどありません

しかし、最近のAppleは、長い間アウトドア活動に適したより頑丈なモデルを提供してきたカシオなどのライバルにビジネスを奪われました、このため、Apple社内では、その市場に対応するウェアラブルのバージョンを生産するというアイデアが復活しました

Appleが新しいApple Watch SEをメインのSeries 8と差別化するために何かをすることは想像できますが、いずれにせよそれに関する情報はほとんどありません

スポンサーリンク


Patently Appleが共有しているように、当該特許は水の浸入を検知するセンサーに関するものであり、防水方法に関するものではありませんが、行間を読むのは難しくありません

具体的には、現在市販されているApple WatchやiPhoneなどのApple製デバイスに搭載されている防水性能を一桁上回る単位で、水の浸入を検知するための新しいセンサーが開発されたということです

新しい特許によると、Appleは、広く使われている浸水防止スケールを超える、より本格的な防水測定に取り組みたいと考えているようです

Patently Appleのノートとして、Appleが見ていると思われる3つの主要なATMレベルがあります、これは、海面下50メートルから200メートルまでを保護することを目指していいます

IPの評価とは異なり、ATMの測定は、単純な浸漬以外のものです、この最新の特許出願書類には、Appleがこれだけのレベルの防水性能を追加することや、その実現方法については何も書かれていません

しかし、Appleは大気中の水の浸入を測定することができるセンサを構築することを計画していると仮定します、その場合、そのような測定が必要となるレベルまで防水を強化する計画であることが理由となります

(Via iDrop News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)