Apple Watch Series 7 は、S7チップ、32GBのストレージ、USB-C高速充電ケーブルなど

Apple Watch Series 7 は、S7チップ、32GBのストレージ、USB-C高速充電ケーブルなど

最近のいくつかのメディアの報道に反して、MacRumorsは新しいApple Watch Series 7が新しいS7チップを搭載していることを確認しました

Appleは昨日のイベントでApple Watch Series 7を発表しましたが、Apple Watchは「今年の秋の終わり頃」まで発売されません、そのため、Appleはこれまでのところ、新型Apple Watchに関する詳細をほとんど明らかにしておらず、Series 7の具体的な機能を詳述した仕様ページも同社Webサイトに公開していません

MacRumorsは、Appleが現在公開していないSeries 7に関するいくつかの詳細を確認しています

まず、Apple Watch Series 7にはS7ブランドのチップが搭載されており、Apple Watch SEおよびSeries 5に搭載されているS5チップと比較して、Apple Watch Series 6と同様に20%の性能向上が図られていることがわかりました

Steve Troughton-Smith氏が述べているように、S7チップに搭載されているCPUは、従来のS6チップに搭載されていたCPUと同じ「t8301」という識別子を持っており、Appleが主張するパフォーマンスがS6と比較して変わらないのはそのためです

しかし、Apple Watchのチップには、CPU以外にもいくつかの変更点があり、同じ性能を提供しているにもかかわらず、Appleが新しい名前でブランド化したことが明らかになっています

スポンサーリンク


Series 7ではディスプレイが大型化されたため、S7チップは、より大きく進化したディスプレイを駆動しながら、1日中バッテリー駆動ができるように調整されたものと考えられます

このようなことは、Appleにとって初めてのことではありません、例えば、Apple Watch Series 5では、前モデルと同じCPUを搭載し、ジャイロスコープを追加したS5チップを搭載しました

内部ストレージについては、Apple Watch Series 7には、Series 6やSEモデルと同じ32GBが搭載されています

Apple Watch Series 7では、Appleはより高速な充電機能を搭載し、わずか45分で80%まで充電でき、8分間の急速充電で8時間の睡眠トラッキングに十分なバッテリー残量を確保できると主張しています

この新しい高速充電をサポートするために、アップルは1メートルのUSB-Cマグネット式高速充電ケーブルを新たに提供する予定です

接続性の面では、Series 7はSeries 6と同じBluetooth 5.0プロトコルを搭載していますが、Series 6とは異なり、中国の衛星ナビゲーションシステムであるBeidouにも対応しています

また、Series 7にはU1チップが搭載されていますが、Series 6や昨年のiPhone 12に搭載されていたウルトラワイドバンドチップと比較して、明らかな改善は見られません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)