Apple Watch Series 7のケースサイズが41mmと45mmになるとの噂

Apple Watch Series 7のケースサイズが41mmと45mmになるとの噂

次期Apple Watch Series 7は、Apple Watch Series 4から提供されている40mmと44mのケースサイズに代わり、より大きな41mmと45mmのケースサイズが提供されると、中国の人気プラットフォーム「Weibo」のリーク情報が伝えています

この情報を発信しているアカウントはUnclePanといい、過去にもAppleの計画に関する情報を発信しています。このリーカーが今週投稿した記事によると、次期Series 7は41mmと45mmのケースサイズで提供されるとのことです

Apple Watch Series 4までは、Appleは38mmと42mmのケースサイズを提供していました、より大きなディスプレイを搭載した2018年のSeries 4では、ケースサイズが大きくなり、古いサイズに代わって40mmと44mmの選択肢が用意されました

Apple Watchの特徴は、古いApple Watchのバンドとの互換性にあります

スポンサーリンク


Series 4以降、すべてのApple Watchのバンドは、同じケースサイズであれば各世代で互換性があります、リーカーによると、Apple Watch Series 7でもこれは変わらず、40mmと44mmのApple Watch用に設計されたバンドは、新しい41mmと45mmのサイズにも対応しています

次期Apple Watchでは、ベゼルが縮小され、フラットエッジデザインが採用され、ディスプレイの面積が拡大されることが予想されているため、ケースサイズの拡大はまったく驚くべきことではありません

Appleのリーク情報で知られるJon Prosser氏によると、フラットエッジデザインが更新されてディスプレイが大きくなっただけでなく、Apple Watch Series 7には新しいグリーンのケースカラーが提供されるとのことです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)