Apple Watch Series 7、強化された小型の両面S7チップが搭載される可能性

Apple Watch Series 7、強化された小型の両面S7チップが搭載される可能性

Apple Watch Series 7は、より小さな「S7」チップを搭載し、より大きなバッテリーやその他のコンポーネントのためのスペースを確保する可能性があります

Digitimesの最新記事によると、Apple Watch Series 7には両面のS 7チップが搭載され、より大きなバッテリやその他のコンポーネントを搭載する余地がなくなる可能性があります

両面仕様のS7チップ

Digitimesは、次世代Apple Watchには、おそらくS7と呼ばれる両面チップが搭載されると報じています

両面SiP(System in Package)と呼ばれるこの新技術は、チップを半分にカットして製造する方法です、つまり、両面SiPのトランジスタは、モジュールの2つの面にあるということです

これにより、モジュールのサイズが小さくなり、より大きなバッテリーや新しいセンサーなど、より多くの部品をWatchに搭載することが可能になります

スポンサーリンク


Apple Watch Series 7モデルは、過去数世代のデバイスと同様に、9月に発売される見込みです

BloombergのMark Gurman氏とDebby Wu氏は以前、Appleがディスプレイのベゼルを細くし、ディスプレイをフロントカバーに近づける新しいラミネーション技術をテストしたと報じました

また、リーカーのJon Prosser氏によると、次期Apple Watchは、新しいフラットエッジデザインを採用し、新たにグリーンのカラーオプションが追加される可能性があります

体温感知や血糖値測定などの高度な健康機能も、将来のApple Watchに搭載されると噂されていますが、これらの機能が今年中にSeries 7モデルに搭載される可能性は低いと考えられています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)