2022年のiPhoneが6.7インチiPhoneとしては 「最低価格」 のアンダーディスプレイTouch IDを搭載か

2022年のiPhoneが6.7インチiPhoneとしては 「最低価格」 のアンダーディスプレイTouch IDを搭載か

アナリストであるMing-Chi Kuo氏は、新しい投資家向けのレポートを発表し、2022年後半にまったく新しいフラッグシップiPhoneのラインナップが登場するという予想をさらに強めています

同氏は、Appleが6.1インチと6.7インチのローエンドのフラッグシップモデル2機種と、6.1インチと6.7インチのハイエンドのフラッグシップモデル2機種を発売すると述べています

Kuo氏は、2022年のiPhoneのラインナップには、ディスプレイ下の指紋認証技術への対応や、ワイドカメラが48MPにアップグレードされる可能性があると繰り返し述べています、これらの端末は、今秋以降に発売される「iPhone 13」シリーズの後継機種となります

2022年のiPhoneのラインナップは、マーケティング上の名称で言えば、「iPhone 14」、「iPhone 14」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」のようになるかもしれません、Kuo氏によれば、iPhone 14 Maxは、6.7インチの大型iPhoneとしては史上最低の価格になると言います

スポンサーリンク


Kuo氏の価格に関するコメントは特に興味深く、「iPhone 14 Max」、あるいは最終的にどのような名称になるにせよ、その価格は900米ドル以下になると考えています

ちなみに、現在のiPhoneのラインナップには、6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」があり、その価格は1,099ドルとなっています

これはまた、iPhone 14のラインナップには、5.4インチの「iPhone mini」フォームファクターが含まれないことを意味し、これは、Kuo氏が以前、予想を下回る販売台数が原因であると報告したものです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)