Apple Watch、2021年第2四半期にスマートウォッチ市場を大幅に拡大

Apple Watch、2021年第2四半期にスマートウォッチ市場を大幅に拡大

スマートウォッチ市場全体が成長する中、Appleは人気の高いApple Watch Series 6でリードを維持しています

Counterpointの調査によると、他のプラットフォームはスマートウォッチ市場でシェア獲得に苦戦しているようです、Apple Watchは出荷台数の33.5%を占め、2位のTizenはわずか8%でしたた、残りの市場シェアは、いくつかの小さなブランドに分散しています

Apple Watchの圧倒的なリードは、Appleの取り組みに対抗しようとする大手企業の買収や合併によってスマートウォッチ市場が統合されているにもかかわらず、維持されています

Apple Watchは、2021年度第2四半期の世界のスマートウォッチ出荷台数シェアで33.5%を占め、引き続き圧倒的な強さを誇っています

スポンサーリンク


シニアアナリストのSujeong Lim氏は、「Appleは、適切なタイミングでWatch SEからSeries 6 へとポートフォリオを拡大することで、市場における主導的地位をさらに強固なものにすることができた」と述べました

Googleのスマートウォッチ向け「WearOS」は、出荷台数のわずか3.9%で市場の牽引力を得ることに失敗しました

Googleは最近、Fitbitの買収とともに、ウェアラブルビジネスを強化するためにSamsungとの提携を発表しました、これら3ブランドを合わせると、将来の出荷台数の15%以上を占める可能性があります

リサーチ担当バイスプレジデントのNeil Shah氏は、「これは、ウェアラブル分野への野望を加速させるGoogleの素晴らしい動きで、これにより、Tizen OS、Wear OS、Fitbit OSという3つの世界の最も優れた部分を統合したWearデバイスの堅牢なポートフォリオを構築できるようになる」と述べています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)