AppleWatchは2022年までに血糖値モニタリング機能を搭載の可能性

AppleWatchは2022年までに血糖値モニタリング機能を搭載の可能性

英国のスタートアップRockley Photonicsが米証券取引委員会に提出した書類から、Appleとの重要な関係が明らかになりました

これにより、2022年にAppleWatchに血糖モニタリング機能が導入される可能性があります

Rockley Photonics社は英国に拠点を置く企業で、赤外線を使って人の血液をモニターするセンサーを設計しています、このセンサーは、血糖値やアルコール濃度のモニタリングなど、通常は医療機器や特殊な機器で可能な要素をモニタリングすることができるとされています

英国のTelegraph紙が最初に報じたSEC提出書類では、Rockley社はニューヨークでの株式公開を準備しており、その財務関係の詳細を明らかにしています、この書類によると、Appleは同社の「少数の大口顧客」の1社とされています

Rockleyは、Appleが同社の売上高の100% (2020年) と99.6% (2019年) を占めていると主張しているAppleが同社の最大の顧客なのか、それとも2番目に大きな顧客なのかは不明ですが、センサーや製品の改良に関心を持っていること、そして提出書類に名前が挙がっていることから、Appleが同社の主要な顧客である可能性は高いと考えられます


スポンサーリンク


同社は、Appleと継続的に「供給・開発契約」を行っていると言われており、今後も利益の大部分をAppleに依存し続ける見通しで、売上高の大半は、将来の製品の開発作業に対するエンジニアリング料です

Rockleyの最高経営責任者Andrew Rickman氏は、同社が開発した技術が2022年までに消費者向け製品に搭載されると予想していると述べたが、Appleが関与するかどうかについては明言を避けました

Appleはかなり以前から、Apple Watchに血糖値監視機能を追加する方法を開発していると噂されており、「Apple Watch Series 7」に関する噂では、この機能が追加される予定だとされています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)