Apple、ECG機能に焦点を当てた新しいAppleWatch Series 6の広告をまもなく公開

Apple、ECG機能に焦点を当てた新しいAppleWatch Series 6の広告をまもなく公開

Appleは、Apple Watchの新しい広告で、「ECG」アプリと、いつでもどこでも機能する機能に焦点を当てています

AdAge9to5Macが見つけたこの広告には、Apple WatchのECG機能を使っている人を示しています

この広告を非常に優れたものにしているのは、ECGアプリがビーチ、映画館、歯科医の椅子など、いつでもどこでも使用できることを示しているからです

心電図アプリは、Apple Watch Series 4、Series 5、Series 6に搭載されている電気心臓センサーを使って心拍とリズムを記録し、不規則なリズムの一種である心房細動(AFib)の有無を確認することができます


心電図アプリは、心臓を鼓動させる電気パルスを表す心電図を記録します。心電図アプリは、心拍数を取得し、心臓の上室と下室がリズムにあるかどうかを確認するために、これらのパルスをチェックします。彼らはリズムの外にしている場合は、心房細動の可能性があります

スポンサーリンク


この広告はまだソーシャルメディアには登場していませんが、遅かれ早かれFacebook、Twitter、YouTubeに登場すると考えられています
Apple Watch Series 6 ECG 00002
Appleの心電図機能は、すでに命を救うことが証明されているし、それが長く続く可能性があります

この広告はさらに、Apple Watchが数年前に発売されたばかりのウェアラブルが予想もしていなかった方法でAppleWatchがすべて健康に関するものであるという点を思い起こさせます

日本でも、昨日のwatchOS 7.3およびiOS 14.4のリリースにより心電図(ECG)アプリの利用が可能となっています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)