watchOS 7はパニック攻撃を検知する「メンタルヘルス機能 」を持つとの噂

watchOS 7はパニック攻撃を検知する「メンタルヘルス機能 」を持つとの噂

先日Geared Upポッドキャストで語ったリーカーのJon Prosser氏によると、Appleの次世代Apple WatchとwatchOS 7では、新しいメンタルヘルス機能に焦点が当てられるとのことです

Apple Watchの次世代版Apple Watch Series 6には血中酸素センサーが含まれていると噂されています、Prosser氏はAppleがパニック発作を検出するなど、新しいメンタルヘルス関連の機能を実装するために活用すると述べています

今最大の焦点は今年搭載されることで、WWDCでの発表が期待されますが、もし新機能がApple Watchの未発表バージョンに搭載されている血液酸素センサーに依存している場合、Appleがこの機能をサポートするApple Watchの新モデルが発売される秋までお披露目する可能性は低いと思われます

ただし、現時点では明らかになっていない旧モデルのApple Watchに血液中の酸素濃度を検出する機能が潜んでいる場合や、または機能に血中酸素モニタリングが含まれていない場合は、WWDCで明らかにされる可能性があります

スポンサーリンク


パニック発作を検知するという噂は、4月にEverythingAppleProとリーカーのMax Weinbach氏が最初に公開したもので、Apple Watchはユーザーが高レベルのストレスを感じているときにも判断できるようになると述べていました

Weinbach氏とEverythingAppleProは、この機能が血中酸素モニタリングに依存することを示唆しておらず、Apple Watch Series 4以降で利用できるようになるだろうと述べていました

血液酸素トラッキング機能がApple Watchの将来のバージョンに来るというヒントは、リークされたiOS 14のバージョンで発見されました

血中酸素濃度の低下は、深刻な呼吸器や心臓の問題を示唆している可能性があるため、血中酸素モニタリングは重要な機能です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)