Apple、第1四半期にスマートウォッチ市場で競合他社を大きく引き離し首位の座を維持

Apple、第1四半期にスマートウォッチ市場で競合他社を大きく引き離し首位の座を維持

調査会社Strategy Analyticsの最新の統計によると、Apple Watchは2020年第1四半期にスマートウォッチ市場で競合他社をさらにリードし、Appleのウェアラブル製品は全体の55%以上を占めたと報告しています

Strategy Analyticsの最新の予測によると、第1四半期の出荷台数は760万台で、前年同期の620万台から22.6%増加し、Appleは再び競合他社を大きく引き離しています

Apple Watchの市場シェアは55.5%で、前年比1.1%増でした

Strategy AnalyticsのエグゼクティブディレクターNeil Mawston氏は「Apple Watchは、GarminやSamsungなどの強力なライバルをかわし続けており、世界のスマートウォッチ市場の半分を占めており、業界の明確なリーダーであり続けています」と述べています

Strategy Analytics 0507 00001 z

スポンサーリンク


第2四半期の出荷台数は前年同期比11.8%増の190万台で、Samsungは大きく水をあけられた2位で、市場シェアは、2019年第1四半期の14.9%から直近の期間には13.9%に低下しました

第3位のGarminは第1四半期に110万台を出荷し、成長率が37.5%上昇しましたが、全体的な市場シェアは8%で、依然として1桁台でした

Appleの最高財務責任者 (CFO) を務めるLuca Maestri氏は、2020年第2四半期決算発表の電話会見で、同社ウェアラブル部門の売上高は現在、 「Fortune 140」 に名を連ねる企業の売上高に相当すると述べています

(Via Strategy Analytics.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)