Apple Watch Series 6、不安モニタリングと睡眠追跡を追加する可能性

Apple Watch Series 6、不安モニタリングと睡眠追跡を追加する可能性

新しいリークは、Apple Watch Series 6にメンタルヘルス機能、より長いバッテリー寿命、既存のセンサーの拡張が追加され、デバイスは血中酸素化を測定することができると言います

「Series 6」と呼ばれるApple Watchの次期アップデートには、不安を含むメンタルヘルスの問題についてユーザーを監視する機能が含まれると噂されています

TwitterユーザーのNikias Molinaは、これまでAppleに関する情報を持ってませんでしが、今回、多くの情報をリークしてきたJon Prosserが詳細を確認しています


スポンサーリンク


Molina氏は、Apple Watch Series 6には、長い間噂されていた睡眠追跡機能に加えて、メンタルヘルスの異常検出の以前に知られていなかったシリーズが含まれると述べています

これに加えて、Series 6はより長いバッテリー寿命、パルスオキシメーター、S6チップを搭載しているというMolina氏の主張について聞かれたJon Prosser氏は「Yes!」とツイートしましたが、それ以上の詳細は明らかにしていません

Apple Watchには心拍センサが搭載されており、これは他の医療機器でもパルスオキシメータとして使用されています、現時点では、この機能は有効になっておらず、心電図技術に必要なものと同様の健康監視装置として消費者が使用するには、FDAの承認が必要になります

2020年にApple Watchに睡眠追跡機能が追加されるという噂は以前からありました

(Via Apple Insider.)











COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Pacheco

     世界的に売れているApple Watch ですが、日本では政府が既存医療機器業界の既得権擁護に回っているようです。いまだ一向に心電図機能ですら認められません。日本の携帯キャリアに対する「詳細な」販売施策に対する「指導」、iPhoneSE発売日の「指導」など、Appleシフトに政府はご執心です。日本に競合商品がないにもかかわらず。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)