ジャパンディスプレイ、今年の新しいApple WatchモデルにOLEDスクリーンを供給

ジャパンディスプレイ、今年の新しいApple WatchモデルにOLEDスクリーンを供給

Apple Watch Series 5

ロイター通信は、「2つの情報筋から、ジャパンディスプレイは今年後半にApple Watch向けに有機発光ダイオードスクリーンの供給を開始」と報道しています

この供給契約は、ジャパンディスプレイが有機ELディスプレイ市場に参入したことを示すもので、この問題に詳しい2つの情報筋は、メディアと話すことが許可されていないために特定されることを拒否してます

Appleは自社のOLEDディスプレイサプライチェーンを強化して、iPhone X、iPhone XS、およびiPhone XS Max用のディスプレイを供給するSamsungへの依存を減らしました

スポンサーリンク


今回のレポートでは、次のApple WatchにとってジャパンディスプレイのOLEDスクリーンへの切り替えが何を意味するのかについてはほとんど手掛かりを提供していません、LEDスクリーンよりも新しいOLED技術は一般的に薄く柔軟性に優れています

Apple Watch Series 4では、Appleはディスプレイパネルをより大型のLTPO OLED Retinaディスプレイにアップグレードしました、これは、より効率的で消費電力が少なくなり、バッテリ寿命が延びることを意味します

信頼できるAppleのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、2019年9月に登場するApple Watch Series 5には、新しいセラミックケーシングデザインが採用され、Apple Watch Editionが戻ってくる可能性があると言います

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)