Apple Watch Series 4の転倒検出のビデオテスト

Apple Watch Series 4の転倒検出のビデオテスト

Apple Watch Series 4の新機能

Apple Watch Series 4の新機能に、転倒検出があります

この機能を有効にすることで、Apple Watchはユーザーが転倒するとアラートを通知し、ユーザーは通知を閉じるか、それを利用して救急車を呼ぶこともできます
通知後60秒間動かない状態であるとApple Watchが検知したときは、自動的に救急車を呼び、同時に緊急時の連絡先に場所の情報がついたメッセージを送ります

この新しいビデオでは、機能がどれくらいうまく機能しているかを確認することが出来ます

YouTubeのチャンネル「What’s Inside?」から、Apple Watch Series 4は一連のテストで、「転倒」とそうでない場合を確認することが出来ます

転倒検出は、デフォルトでオフになっているので有効にする必要が在ります、設定は
iPhoneのアプリ「Watch」>「緊急SOS」で「転倒検出」を有効にします
Apple Watch SOS 004

スポンサーリンク


このビデオは、Apple Watch Series 4が一連のテストを通じて転倒を検出する方法を示しています
最初の3つのテストはすべて室内トランポリンパークで行われ、Apple Watchは、トランポリン、フォームピット、または体操マット上で発生した場合「転倒」したとして検出することはありません

しかし、2人の人が床に落ちるテストをすると、Apple Watchは「転倒」したとして検出し、その人が大丈夫か、実際に落ちなかったのか、緊急サービスが必要かどうかを尋ねる通知を送信します

ここで注目すべき点の1つは、Apple Watch Series 4が実際にはビデオの2人が柔らかい表面に落ちていることを検出することが可能であることがわかります

(Source What’s Inside? , Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)