Apple Watchの特許出願から、常時オンスクリーンモードが推測される

Apple Watchの特許出願から、常時オンスクリーンモードが推測される

常時オンスクリーン

Apple Watchに関する特許出願は、常時オンスクリーンモードに取り組んでいるかもしれないと推測しています

この機能に関しては、最初から多く期待され要求されてきていますが、これを実現するには2つの課題があります

バッテリの寿命

まずは、明らかにバッテリの寿命です

Apple Watchは、モデルや使用パターンによっては、1日から数日間を快適に利用出来ます、これは比較的短時間だけ画面がオンになっているためです

しかし、スマートウォッチの中には、比較的薄暗いグレースケールモードに戻して、積極的に時計を使用していない時間に表示するものがあります

Appleはすでに夜間に切り替わり、時計が低速になる低電力時間表示を備えています

スポンサーリンク

画面の焼き付き

2番目の課題は、OLEDスクリーンが焼き付きやすくなることであり、Appleの特許が取り組むべき問題です

Appleが説明している方法は、バーンインを防止しません、むしろ、画面の特定の領域の輝度と色を人為的に調整する方法について説明します
Appleが特許を求めている具体的なことは、これを達成するために必要な使用データを保存する効率的な方法です

一部のRedditorsは、Appleが常時接続モードで作業していることを示す可能性があると考えています

Redditでのスレッドは活発な議論を呼び起こしています

Apple Watchを見るときに文字版がオンに切り替わるので、それが必要ではないと主張する人もいますし、斜めでもちょっと文字盤を見たいと言う人もいます、また、暗闇の中で気を散らすと言う人もいるし、Appleが明るさを合理的な値に調整すると言う人もいます

画像元:Taro Matsumura for flickr
(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)