新しい調査によると、Apple Watchは不規則な心拍を正確に検出

新しい調査によると、Apple Watchは不規則な心拍を正確に検出

Apple Watchは脳卒中の主な原因である心臓の重篤な心臓の状態である心房細動を正確に検出することができます

カリフォルニア大学サンフランシスコの研究者が率いる新しい「研究」は、心房細動の検出を試みるために、Apple Inc.のApple Watchに組み込まれた心拍センサーと歩数計の使用をテストしました

未治療のまま放置すると血栓や脳卒中を引き起こす可能性のある心臓の鼓動に関する、The Wall Street JournalでのPeter Loftus氏の報告書によると

研究者はCardiogram Inc.のモバイルアプリケーションを使用しました。このアプリケーションは、調査データへのアクセス、データ分析のための訓練を受けた機械学習ネットワークを提供しました

「約270万人のアメリカ人と3400万人の人々が心房細動を有すると推定されている、多くの患者は症状を経験せず、合併症が起こるまで検出されません」とLoftus氏は報告しています

研究者らは、早期発見が合併症のリスクを減らすために血液をサラサラにする治療を受ける可能性があると述べている

スポンサーリンク


研究者らは、正常な心臓リズムを回復させるための頻拍性不整脈に対しておこなうカウンターショックをカリフォルニア大学サンフランシスコで受けている約50人の心房細動患者にApple Watchesを提供しました

患者は病床についていて、不規則な心拍を経験している時にApple Watchで心拍数のデータを収集しました、その後正常な心調律が回復したとき
JAMA Cardiologyの発表された結果によると、「このアルゴリズムは心房細動と正常心拍との区別を標準心電図と比較して約97%の精度で区別することができました」とLoftus氏は報告ししています

しかし、その結果は、日常生活の中で病院外でApple Watchを使用している約1,620人の人々のアルゴリズムのテストでは、心房細動と正常心臓リズムを区別し、心房細動の有無を研究者に報告したのと比較して約72%の精度で強い印象を与える結果ではありませんでした

「これは、偽陽性と偽陰性がかなりの数発生したことを意味します」とLoftus氏は報告しています

研究者らは、活動が心拍数を変化させる可能性があるため、活動中の人の心房細動を検出することはより困難であると述べました

(Via The Wall Street Journal.)


普段の生活の中が72%の精度とは言え、Apple Watchが比較的簡単に利用できることから、気が付いていない人が重大な心臓の問題で診断を受けることに役立つということが、重要だと言えるのではないでしょうか


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)