Apple Watchの心拍センサーが糖尿病の早期兆候を検出できることを示唆

Apple Watchの心拍センサーが糖尿病の早期兆候を検出できることを示唆

Apple Watchによって収集された心拍数データを分解することができるアプリを提供する会社であるCardiogramは、本日Apple Watchが糖尿病の徴候を検出するために使用できることを示唆する新しい調査の結果を発表しました

Cardiogramの研究者は、カリフォルニア大学サンフランシスコと提携し、Cardiogram DeepHeartニューラルネットワークを使用して、Apple Watchから収集した心拍数データが​​、糖尿病患者と糖尿病患者とを区別する際に85%正確であることを確認しました

この調査のために、Cardiogramは、Apple WatchまたはAndroid WearデバイスとCardiogramアプリを使用して14,011人の参加者から2億以上のセンサー測定値を使用し、心拍数、歩数およびその他の活動を含むデータを集計しました

スポンサーリンク


糖尿病は、伝統的な検出方法がグルコース感知ハードウェアを必要とするため、しばしば見過ごされ診断されない状態です
Apple WatchやCardiogramのDeepHeartのようなAIベースのアルゴリズムによる検出では、問題があることをユーザーに警告して、医療従事者にフォローアップできる可能性があります

Cardiogramによると、その研究はApple WatchやFitbitのような他のデバイスのような通常の心拍センサーが糖尿病の早期兆候をどのように検出できるかを実証した最初の大規模な研究です
膵臓は神経系を介して心臓に接続されているため、糖尿病の症状を経験し始めると心拍変動が変化します

昨年、心電図とUCSFは、手首に装着された心拍センサーの重大な健康状態を検出する可能性について、多くの研究を行うためにチームを結成しました、以前の研究ではApple Watch心拍センサーが高血圧、睡眠時無呼吸および心房細動を含む状態を検出する能力を示しています

Apple Watchが初期の健康問題を正式に検出できるかどうかを研究が証明するまでにはまだ長い道のりはあるが、Cardiogramは今後DeepHeartをCardiogramアプリに直接組み込むための新機能を実装する予定です
ユーザーは、病気の早期兆候が検出された場合に警告されます

Apple Watchでは、心拍センサーが異常な心臓のリズムや一般的な心臓の状態を検出するために使用できるかどうかを判断するために、スタンフォードと提携して独自の調査を開始しました

Apple Heart Studyに登録するには、Apple Heart Studyアプリをダウンロードしてインストールし、Apple Watchを定期的に着用してください
Apple Watchが不規則な心調律を検出した場合は、研究者から連絡を受け、ePatchモニターを装着するよう求められます

Cardiogramアプリをインストールし、mRhythm Studyに参加することで、CardiogramのStudyに参加することもできます

(Via MacRumors.)


Apple Heart Studyアプリは、米国のみで日本では購入することは出来ません

Cardiogramアプリには、「The mRhythm Study」への参加リンクは右下の人のアイコンをタップすると一応表示されます

MRythm Study 001



Cardiogram for Apple Watch
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, メディカル
価格: 無料


リリース日: 2015/08/08
サイズ: 55.2 MB
ユニバーサル対応:
バージョン: 2.8.13
販売元: Cardiogram Inc.

ss1 ss2











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)