GPSが搭載された「Apple Watch Series 2」のバッテリは実際どれだけ持つのか

GPSが搭載された「Apple Watch  Series 2」のバッテリは実際どれだけ持つのか

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Apple Watch Series 2



GPSが付いた「Apple Watch Series 2」バッテリの持ちが気になるところではあります


1日のバッテリー駆動時間



以下の要件で最大18時間

  • 18時間の間に90回の時刻チェック
  • 18時間の間に90回の通知
  • 18時間の間に45分間のアプリケーション使用
  • Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらの30分間のワークアウト


連続通話時間



Apple Watchから発信した通話した場合最大8時間

オーディオ再生



Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生した場合最大6.5時間


スポンサーリンク




AppleWatchSerese2battery 002

ワークアウト



以下の要件で最大8時間

  • ワークアウトセッションをアクティブ
  • 心拍センサーをオン
  • Phoneと共に使用



以下の要件で最大5時間

  • ワークアウトセッションをアクティブ
  • 心拍センサーをオン
  • 内臓GPSを使用した場合



(Via Apple Watch – バッテリー – Apple(日本): “内臓GPSを使用した場合”




従来のApple Watch と比較して CPUパフォーマンスが最大1.5倍、GPUパフォーマンスが最大2倍の速さになったがバッテリの持ちは同等を維持していると言うことのようです

マラソンに使う時は、「Apple Watch Series 2」のGPSだけを使える人は5時間を切って走れる人で、それ以上の人はiPhoneを持たないと途中でバッテリ切れを起こしてしまいます













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)