スポンサードリンク

Appleの「iPhone 8」の新しい3D赤外線顔認識機能は比類がない!

スポンサードリンク

Appleの「iPhone 8」の新しい3D赤外線顔認識機能は比類がない!

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Appleは9月12日のイベントでiPhone 8を正式に発表し、スマートフォンデザインの将来についても明らかにする予定です

同社は今後のデバイスに、ディスプレイの完全な再設計と全く新しいセンサーの配列を含む新機能を詰め込んでいるようです

TNWのTristan Greene氏のレポートは、イベントのスターは、新しい3D赤外線顔認識機能の技術だと言っています

パスワードやパターンを使用するのではなく、iPhone 8ユーザーはデバイスを見るだけでデバイスのロックを解除します

Axiosの報告によれば、この技術をチェックアウトした人は、「非常に長い間、商業的に試されてきたものを超えた」と主張しています

サムスンの顔認識への取り組みは、写真で有名になり、眼鏡に困惑しているなど、以前の取り組みにはいくつかの課題がありました、顔認識は完全に機能しない限りほとんど無意味です、また全体のポイントは使いやすさでなければなりません

Appleは、3D顔認識センサーや、iPhoneが暗闇の中での認識を可能にする赤外線センサーを含む、iPhone 8にいくつかの新しいセンサーを追加することで、これらの問題を解決しました

顔認識機能を追加することで、指紋認識機能に固執する必要はなくなりました

Appleがシームレスな3D赤外線顔認識機能で、自ら主流を作ったTouch IDでない方法で競合相手の先を行くことができます


スポンサードリンク




iPhoneの新しい顔認識機能は、2013年にイスラエルの3Dセンサー企業であるPrimeSenseを買収したことでAppleが獲得した数年の進化の結果です
この時点で、この技術はより大きなデバイス用に設計され、身体と身体の部分を検出することができましたが、Appleの能力は大幅に拡大しました

Appleの顔認識技術は、Bloombergによって以前に報告されたように、iPhoneの前面にあるいくつかのセンサーを利用しています

情報筋によると、サムスンギャラクシーS8の虹彩リーダーのようなバグが発生しやすい顔認識技術とは異なり、新しいiPhoneの顔認識は、眼鏡のようなものをシームレスに処理し、ひげなどの外観の変化に容易に適応するように訓練されて、100万分の1秒と言う非常に高速に測定します

Appleは自社の従業員の一部とこの技術をテストしていますが、現実の世界に入ると、内部テストでは問題にならない事も起こり得ます

実際に、特に厳しい照明条件やiPhoneが顔からどのくらい離れているかなど、他にも色々と限界はあるでしょう

(Via The Next Web.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク