macOS Venturaに完全最適化されたPixelmator Pro 3.1 Fortunaがリリース

macOS Venturaに完全最適化されたPixelmator Pro 3.1 Fortunaがリリース

Pixelmator Pro 3.1 Fortuna

Appleの最新のmacOS 13 Venturaアップデートを完全にサポートしている、Mac向けの一般的なPhotoshopの代替手段であるPixelmator Pro 3.1がリリースされました

macOS Venturaに完全最適化

Pixelmator Proは、AppleのMacオペレーティングシステムの最新かつ最高のアップデートであるmacOS Ventura 13を完全にサポートしています、Pixelmator Pro の最大の特長は、最新の Apple テクノロジーに対応していることです。Appleの最新のmacOSの機能をサポートするのに数年かかるようなアプリではありません

例えば、Pixelmator Pro 3.1では、Spotlightの検索結果からPixelmatorのドキュメントをクイックルックでプレビューすることができます、さらに、刷新されたソフトウェアは、Appleの新しいマルチタスク機能であるステージマネージャを完全にサポートしています

AVIF画像がサポートされる

Pixelmator Pro 3 1 002
macOS 13 Venturaでは、Safariブラウザ、プレビュー、QuickLookを使ってAVIF(またはAV1 Image File Format)画像を開いたりダウンロードしたりすることができます、macOS VenturaではAVIF画像の編集ができません

スポンサーリンク


そこで登場したのがPixelmator Proで、バージョン3.1ではAVIF画像に初期対応し、このファイル形式でエンコードされた画像をPixelmatorで開いて編集できるようになりました

まだAVIF形式で画像を保存することはできない。AVIFへのエクスポートは、今後のアプリのアップデートで提供されます

AVIF画像は、JPGよりもファイルサイズが小さく、ハードエッジ周辺の色にじみやその他のJPG圧縮アーティファクトがありません、AVIFは、WebPなどの他のウェブファースト形式と比較して最大30%軽量化できます

この比較的新しいファイルフォーマットは2019年に完成し、Google、Microsoft、Amazon、Netflixなどが支援しています

ドキュメントのプレビューと開く速度が大幅に向上

開発者によると、ユーザーはPixelmator Proが以前よりもずっと速く文書を開くことに気づくだろうと述べています

これは、ドキュメントを開くエンジンが見直され、Pixelmator Proの基本となるQuickLookプラグインの恩恵を受けたためです

PixelmatorなどのmacOSアプリでは、QuickLook拡張機能をOSに登録することで、クリエーターアプリを開かずに文書をプレビューでます、FinderまたはSpotlightで1つ以上のPixelmatorドキュメント (.pxd) をハイライト表示し、スペースバーを押してQuickLookプレビューを起動します

スポンサーリンク

コーナー半径の改善

Pixelmator Proは、円、正方形、長方形、矢印などのベクターベースのシェイプもサポートしていいます、ビットマップツールとベクターツールを切り替えるには、キーボードの[Command(⌘)]+[Shift(⇧)]+[V]キーを押します

Pixelmator Pro 3 1 003
Pixelmator Pro 3.1では、角のスタイルが新しくなり、より滑らかな長方形になります、シェイプコーナーの半径を変更して、丸みを帯びたり丸めたりすることができます

「スクイールは、角が特に滑らかな丸みを帯びた長方形の一種で、アプリアイコンやハードウェアを含むAppleのデザイン言語で広く使われています」と、チームは述べています

(Via Pixelmator Pro 3.1 Fortuna.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)