macOS Venturaでは、Time Machineを毎日、毎週バックアップ可能

macOS Venturaでは、Time Machineを毎日、毎週バックアップ可能

Time Machineのバックアップスケジュールを設定するには、TimeMachineEditorのようなツールで何とかするしかありませんでしたが、AppleはmacOS Venturaでようやくその考えを示しました

Appleのバックアップソフトウェアは今後、少なくとも自動データバックアップの頻度を制限する可能性を提供します

これまで、Time Machineは1時間に1回自動的にデータをバックアップし、過去24時間の1時間ごとのバックアップ、過去1ヶ月の1日ごとのバックアップ、過去数ヶ月の週ごとのバックアップを保持していました

macOS Venturaでは、データの自動バックアップの頻度をユーザーが独自に設定できるようになりました

Time Machineのシステム設定において、1時間ごとのバックアップの代わりに、「1日に1回」「週に1回」という設定が可能になりました、また、Time Machineによるデータバックアップを手動で開始するオプションも残されています

これらの仕様を変更しない限り、macOS VenturaでのTime Machineバックアップは、1時間ごとのデータバックアップが標準のままです

TimeMachineEditior

Appleの次期OSのまだ初期のテストバージョンであることを考えると、これらの設定が最終的に洗練されるかどうかは未知数です、独立した開発者によるツールで特に気に入っているのは、インターバルの頻度に関連して、その実行の時間指定も設定できる点です

2022 06 16 08 53 07

この点では、当分の間、無料のTimeMachineEditorがお勧めです

このソフトウェアは、基本的なデータのバックアップはAppleのTime Machineに任せ、実行の時間に関してのみ介入します、つまり、データ復旧に関するTime Machineの全機能が保持されます

(Via ifun.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)