Apple、生産性を高めるツールや新しい連係機能を追加した「macOS Ventura」を発表

Apple、生産性を高めるツールや新しい連係機能を追加した「macOS Ventura」を発表

WWDC基調講演で、ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のCraig Federighi氏が登壇し、Appleのデスクトップオペレーティングシステムの最新アップデート、macOS Venturaを発表しました

macOS Venturaは、iOSとiPadOS 16に対応する多くの改良を導入しています、新しいウィンドウモードは、おそらく最も興味をそそる追加機能ですが、最も魅力的なのは、メールでの送信メールのスケジュールやメッセージでの会話を未読としてマークするなど、アプリ固有の小さな機能という形でもたらされます

メール

数年ぶりにメールアプリが注目を集めました、macOS Venturaでは、メールに電子メールの送信を取り消す機能が追加されました、これは送信ボタンを押してから数秒後に表示されるオプションで、本質的には送信ボタンを押してから実際にメールが送信されるまでの強制的な遅延にすぎません

直前になって、何かを添付するのを忘れた、CCリストから誰かを削除した、あるいはその他のエラーに気付いた場合、「元に戻す」ボタンを押してメッセージの送信を止めることができます

さらに、恥ずかしいミスを減らすために、メールの内容に添付ファイルを記載しておきながら、実際には何も添付していないというような、よくある問題を監視するようになりました

これを検知した場合、送信前にアラートが表示され、問題を修正することができます、また、新しいメールにはスケジュール機能があり、不在の場合や送信を忘れてしまった場合に、後日送信するよう設定することができます

MacOS Ventura Pre 002

これは、他の多くのメールサービスが以前から提供している素晴らしい機能で、Appleが追いついたのは良いことです

また、macOS Venturaのメールには大幅に改善された検索機能が含まれています、最近の検索は保存され、自動補完と結果はより正確になり、文書や電子メール内のリンクなどの項目は検索インターフェースに表示さます、メールの検索はこれまでずっと荒削りだったので、これは歓迎すべき改良です

スポンサーリンク

メッセージ

macOS Venturaの 「メッセージ」で、メッセージを送信後に編集したり、送信を取り消したりできるようになりました

「メール」の送信取り消し機能とは異なり、「メッセージ」の機能は真の送信取り消しで、メッセージが配信された後に受信者のデバイスからメッセージを実際に削除できます

Appleがこれを実現できるのは、iMessageのプロトコルをすべてのサーバとデバイスで完全に制御しているからですが、これは電子メールには当てはまりません

また、嬉しい機能としてはメッセージを未読としてマークできることです

スポットライト

macOS Venturaが大幅に刷新され、機能が拡張され、検索機能が新しくなりました

画像は、写真、メッセージ、メモ、Finder、またはWebから直接Spotlightで画像を検索できるようになりました、これは画像内の「テキスト認識表示」にも対応しているので、Spotlightで写真を撮っただけのテキストを検索することもできます

MacOS Ventura Pre 004

Safari

Safariは、MicrosoftおよびGoogleと共同で先月発表した「パスキー」技術のサポートを獲得します、Webサイト、アプリ、サービスは、この「パスワードレス」のサインイン形式に対応するようにアップデートする必要があるため、パスワードを本当に生活からなくすまでにはしばらくかかるでしょう

とはいえ、この機能は素晴らしいもので、iPhoneでQRコードをスキャンすることで、Apple以外のデバイスでも利用できるようになると予測されます

MacOS Ventura Pre 005

macOS Venturaはまた、「共有タブグループ」を導入し、友人や家族、同僚とSafari内で直接緊密にコラボレーションできるようになります

共有タブグループは、新しいタブをすべてのユーザーのデバイスに同期し、参加者は他のユーザーがどのタブを表示しているかをいつでも確認できます、また、これをFaceTimeと連携させて、共有タブを閲覧したり作業したりしながら、お互いを見たりチャットしたりすることもできます

スポンサーリンク

写真

新しいiCloud共有フォトライブラリでは、ユーザーのフォトライブラリを最大5人まで共有できるようになりました、特定の日付以降にのみ開始する、顔照合を利用して特定の人が写っている写真のみを共有するなど、スマートフィルタを利用して共有する写真を選ぶことができます

また、共有の対象から外す写真も簡単に選択できます、一度共有された写真の編集やその他の変更は、すべてのデバイスで共有されているすべてのユーザーに同期されます

また、macOS Venturaの写真では、隠しフォトアルバムと最近削除されたフォトアルバムがデフォルトでロックされるようになりました、これらはTouch IDまたはMacのログインパスワードを使ってロックを解除することができます

FaceTime

FaceTimeにハンドオフ機能が追加され、デバイス間でFaceTime通話を簡単に切り替えられるようになりました、これは、iPhoneで通話を開始した後、MacやiPadを使う方が理にかなっていると気づいたときや、その逆の場合に、FaceTimeチャットを続けながら退席する必要があるときに便利です

MacOS Ventura Pre 006

システム環境設定

macOS Venturaでは、「システム環境設定」が「システム設定」に名称変更されました、この名称変更に伴い、iPhoneやiPadの「設定」アプリとの親和性を高めるために、アプリのデザインも大幅に変更されています

ゲーム

macOS Venturaには、ゲームのグラフィックスとフレームレートを大幅に向上させる、新しいMetal 3フレームワークが含まれています

デベロッパは、新しい「MetalFX Upscaling」を使って、グラフィックスを多用するワークロードをフレームレートを上げてレンダリングすることができ、複雑なゲームをより速く、より反応良く感じるようにすることができます

MacOS Ventura Pre 007

連係カメラ

macOS Venturaの新しい連係カメラ機能を使えば、iPhoneをMacのディスプレイの上部に固定してWebカメラとして使うことができます、これは、iPhoneの素晴らしいカメラシステムの大きなメリットをデスクトップコンピュータにもたらし、ビデオ通話、ストリーミング中の自分の撮影、その他の前面カメラのニーズに応えてくれます

スポンサーリンク


この機能はワイヤレスで動作するが、ディスプレイの背面に端末を取り付けるには何らかのハーネスが必要になります、Apple自身がそのためのソリューションを設計することはなさそうですが、同社はBelkinとパートナーして、MagSafeマウントなどいくつかのオプションを確実に提供しています

MacOS Ventura Pre 008

連係カメラは、ほとんどのMacやStudio Displayに内蔵されている低品質のカメラの問題を解決する素晴らしい機能です

また、ディスプレイにカメラがまったく搭載されていないユーザーにとっても素晴らしい選択肢となるでしょう

ステージマネージャー

ステージマネージャーは、macOS Venturaのまったく新しいウィンドウ管理モードで、この機能はコントロールセンターから起動でき、アプリやウィンドウを1つのビューにまとめて表示してくれます

左側にはウィンドウのグループが表示され、残りの部分には現在選択されているグループが表示されます、グループの切り替えにいつでも簡単にアクセスできるようにしながら、必要に応じてフォアグラウンドウィンドウを整理したりサイズを変更したりできます

MacOS Ventura Pre 009

Appleはステージマネージャーによって、ウィンドウの重なりによる混乱や精神的な負担をなくし、Macユーザーがタスク間を移動できるようになることを期待しています

iPadOSでもステージマネージャーが使えるようになり、かなり画期的な機能になりそうです

Macでは、この新システムはさまざまなスペースを設定し、ミッションコントロールを介してそれらの間を移動することとそれほど変わらないように思えます

新しいバージョンが移行に値するだけのものを提供しているかどうかを確かめるために、正式にリリースされたら確認する必要がありそうです

スポンサーリンク

その他

  • macOS Venturaで初めて、天気アプリを搭載しました
  • Macのログインパスワードを使ってメモをロックできるようになったので、ロックされたメモだけに特定のパスワードを設定して記憶する必要はありません
  • 「Apple News」に「My Sports」セクションが追加され、お気に入りのスポーツチームに関するニュースを一元管理できるようになる
  •  「リマインダー」では、タスクのリストを再利用可能なテンプレートとして作成して共有できます
  •  テキストが表示されているフレームでビデオを一時停止して、ライブテキストをビデオで使用できるようになります
  •  「Home」アプリは刷新され、ナビゲーションがより直感的になり、「Matter」アクセサリに対応した
  • Apple マップが更新され、ルートに沿って複数の停留所を追加できるようになりました、Macで経路を計画し、それをiPhoneに送信できます
  • 「連絡先」 のMemoji連絡先ステッカーにポーズを追加できます
  • 音声入力では、文字単位のスペルチェックや、名前による絵文字の挿入が可能になりました
  • オーディオのライブキャプションをリアルタイムで表示できるようになりました










LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)