一部のMacBook Pro 2018オーナーは、macOS Mojaveのインストールエラーに遭遇しています

一部のMacBook Pro 2018オーナーは、macOS Mojaveのインストールエラーに遭遇しています

原因はT2チップか?

最新のmacOS Mojaveにアップデートしようとしていた、MacBook Pro 2018のオーナーの一部で「プロセスを完了出来ない」と言うエラーに遭遇していると報告されています

ユーザーは、「Mac OSのインストール中にエラーが発生しました」、またはTouch BarのようなMacサブシステムを処理するために使用される修正されたwatchOSのバージョンであるbridgeOSの潜在的な参照などのメッセージに遭遇しています
Errors installing macOS Mojave 001
Macのシステム管理コントローラ(SMC)をリセットすることで問題を回避することができた人もいますが、これには一つの解決策でしかなく完全な解決策ではなく、ユーザーは不具合や奇妙なエラーに遭遇する可能性があります

一般的な要因は、iMac Proと2018 MacBook Proでしか採用されていないAppleのT2チップのようです、これは、SMC、Touch Bar、Touch IDを実行するだけでなく、画像信号プロセッサとオーディオと大容量記憶装置用のコントローラも備えています

スポンサーリンク


アップルのサポートフォーラムのユーザーの中には、問題を引き起こしているT2についてのAppleからの確認があると伝えられています
これは、近い将来にソフトウェアの修正を行うことができることを示唆しているものと思われます

Appleはこの問題についてまったく指針を提供していません、 AppleInsiderは問題をローカルで再現することはできませんでしたが、その問題についていくつかのサービスプロバイダに連絡しました

連絡を受けたプロバイダによれば、macOS Mojaveにアップグレードしようとするユーザーは、Time Machineを使用してデータ全体をバックアップし、次にmacOS Mojaveをインストールする必要があります
インストールが失敗した場合、起動時にCommand-Rを押し続け、ユーザーは復元パーティションで起動する必要があります

復元パーティションへの起動後、インストール前にディスクユーティリティを使用してドライブをフォーマットし、有線ネットワークに接続してWi-Fiに接続するのではなくmacOS Mojaveシステムソフトウェアをインストールする必要があります。インストールが正常に完了すると、「ユーティリティ」フォルダの「移行アシスタント」を使用してデータをボリュームに移動できます

(Via AppleInsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)