macOS Big Sur 11.2のベータコードは、AppleがiOSアプリのサイドロードからユーザーをブロックできることを明らかに

macOS Big Sur 11.2のベータコードは、AppleがiOSアプリのサイドロードからユーザーをブロックできることを明らかに

本日、Appleは開発者向けにmacOS Big Sur 11.2iOS 14.4 beta 2をリリースしました

今回のアップデートには、通常のバグ修正が含まれているが、それ以上のことは語られていません

しかし、このアップデートにより、M1のMacユーザーがApple Silicon Mac上でサポートされていないiOSアプリをサイドロードすることがブロックされる可能性があります

これまでは、Macユーザーは他のソースからiOSアプリをサイドロードすることができました、iOS 14.4とmacOS Big Sur 11.2の両方に共通する内部コードにより、オペレーティングシステムが一部のアプリをMac上で実行できなくなることが明らかになりました、この変更は、Mac App Store以外のソースからダウンロードしたアプリにのみ影響します

現在、AppleのシリコンMacユーザーは、IPAファイルを使ってInstagramやFacebook、NetflixなどのiOSアプリをインストールすることができました。しかし、最新のベータ版では、ユーザーがそうすることをブロックしています

スポンサーリンク

このコードは、オペレーティングシステムのDRM(デジタル著作権管理)部分に関連するAPIで見つかりました、このロックがmacOS Big Sur Beta 2で動作しているかどうかは明らかになっていません

macOS Big Sur 11.1 Beta 2のユーザーはiOSアプリをサイドロードして使用することができます、とはいえ、アップデートがベータ版を終了し、一般公開された後にAppleはリモートでロックを有効にすることができます

このアプリは、開発者がこのプラットフォームで動作することを意図していなかったため、インストールすることができません

Appleは開発者向けの変更をまだ認めていません、興味深いことに、重要な開発者はMac App StoreでiOSアプリを提供することを控えています、これが、Mac App StoreにいくつかのiOSアプリがない理由の1つです

Googleでさえ、まだSilicon MacでYouTubeを提供していません、Amazon Prime Video、Snapchatなどアプリはかなりの数に上りますが、いずれデベロッパーがiOSアプリをMacに移植することは間違いないでしょう

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)