2023 Mac Proの内部ハードドライブが予期せず切断?問題を解決する方法とは

2023 Mac Proの内部ハードドライブが予期せず切断?問題を解決する方法とは

本日、Appleは公開したサポート文書で、2023年のMac Proがスリープから復帰した後、特定のSATAハードドライブが予期せずに切断される可能性があると述べました

Appleはこの問題を「認識しており」、「将来のmacOSのアップデートで修正する」と明言しています

Mac ProはSSDストレージが搭載されていますが、内部ハードドライブに接続するためのSATAポートも備えており、バグによって一部のドライブが切断されることがあります

Appleは次のように述べています

特定のモデルの内部SATAドライブは、Macがスリープから復帰した後に予期せずに切断されることがあります。Macが自動的にスリープに入る場合や、手動でスリープさせた場合に発生する可能性があります。もしディスクが正しく排出されなかったというメッセージが表示された場合、Macを再起動してドライブと再接続することができます


一時的な対処法として、ユーザーはシステム設定アプリを開き、[ディスプレイ]>[詳細…]をクリックし、「ディスプレイがオフの場合に自動的にスリープしない」をオンにすることで、Mac Proが自動的にスリープに入らないようにすることができます

新しいMac Proは火曜日にリリースされ、AppleのM2 Ultraチップが搭載されています

このデスクトップタワーは、2019年のIntelベースモデルと同じデザインを持っていますが、グラフィックスカードのサポートやユーザーがRAMをアップグレードすることはできません、これはAppleシリコンの統合アーキテクチャによる制約です

(Via MacRumors.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)