Apple、新しいMacBookProの脚がとても長い正当な理由とは?

Apple、新しいMacBookProの脚がとても長い正当な理由とは?

新しいMacbookProにはより多くの「最低地上高」がありますが、Appleにははっきりと見える脚の正当な理由があります

新しいMacbook Proを最初に見たとき、多くのAppleユーザーはおそらく少し驚いたと思われます

ここ数年、アップルのノートブックは非常にフラットなデザインに慣れ親しんできましたが、新しいMacbook Proには突然、本物の脚が登場したのです

かつてのチーフデザイナーのJony Ive氏にとって、これらの「小さな脚」は罪悪感を抱かせるものだったようですが、Appleにはそれなりの理由があったのでしょう

新しい4つの脚は、比較的幅と高さがあり、ARモデルによると、暗い色のプラスチックで作られています

おそらく、新しいMacbook Proの厚さが168mmと先代よりも6mm厚くなった理由のひとつがこれらにあると思われますが、Appleが筐体そのものだけを計測しているのかどうかは、明らかではありません

スポンサーリンク


MacBook Pro Long legs 002
この注目すべきイノベーションの理由の1つは、おそらく新たに開発された冷却システムだと思われます

パワフルなM1 ProおよびM1 Maxチップのために、Appleは50%高い空気回転率を達成する新しいシステムを導入する必要があり、その結果より優れた冷却効果が得られました

吹き出し口は、側面と背面に配置されています、脚が高くなったことで、空気の流れが自由になり、ほぼ平らな前モデルよりも明らかに良くなっています、脚が高いだけで、冷却効果は上がるはずです

Christian Rentrop氏によると、古いMacbookの冷却を改善するには、単に脚を高くするだけでよいとのことです

MacBook Pro Long legs 003
第2の理由として、コンピュータのサウンドシステムの改善が考えられます、Macbookは脚のおかげで表面からより切り離され、スピーカーのスパイクに似た、より良いサウンドを得ることができます

(Via Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)