M1 iMacは旧世代のハイエンド21.5インチiMacよりも最大56%高速化

M1 iMacは旧世代のハイエンド21.5インチiMacよりも最大56%高速化

AppleのM1 iMacは、来週から顧客への配送が開始される予定ですが、正式な発売日に先駆けて、Geekbenchにベンチマークが掲載されています

M1 iMacのベンチマークが、M1 MacBook Pro、MacBook Air、Mac miniのベンチマークと同等で、現在公開されている3つのベンチマークを集計した結果、シングルコアの平均スコアは1,724、マルチコアの平均スコアは7,453となりました

ベンチマークは、8コアのCPU、7コアのGPU、2つのThunderboltポートを搭載したエントリーモデルと思われるiMac21,1を対象としています
M1 iMac Geekbench 00001
M1 iMacのベンチマークでは、CPUコア数は8、ベース周波数は3.2GHzとなっており、macOS11.3を搭載しています

スポンサーリンク


24インチのM1 iMacは、置き換え先のインテルチップを搭載した2019年の21.5インチiMacを大幅に凌駕しており、すべての旧型21.5インチマシンを確実にアップグレードすることができそうです

前世代のハイエンド21.5インチiMacは、シングルコアスコアが1,109、マルチコアスコアが6,014を獲得しているので、M1 iMacはシングルコア性能に関しては56%、マルチコア性能に関しては24%高速化しています
M1 iMac Geekbench 00002
現行のハイエンド27インチiMacと比較すると、M1 Macはシングルコア性能では上回っていますが、マルチコア性能では第10世代のComet Lakeインテルチップに遅れをとっています

ハイエンドの27インチiMacのシングルコアスコアは1,247、マルチコアスコアは9,002でした、その結果としてシングルコア性能ではM1 iMacが38%、マルチコア性能ではIntel iMacが25%、それぞれ上回っています

これらのスコアでは、マルチコアパフォーマンスで遅れているので、M1はハイエンドの27インチの代わりになることはありませんが、Appleは、デスクトップ用のエンドApple Siliconチップに取り組んでおり、さらに強力に設計されている可能性があります

M1 iMacは、インテル製チップを搭載した27インチiMacの下位モデルよりも性能が高く、6コアのインテル製モデルをシングルコア、マルチコアともに上回っています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)