Apple Silicon iMac&MacBook Proは2021年、32コアMac Proは2022年

Apple Silicon iMac&MacBook Proは2021年、32コアMac Proは2022年

AppleのApple Siliconの短期的な計画は、2021年に大型のMacBook ProとiMacのリフレッシュを行い、2022年のある時点で最大32個の高性能コアを搭載したMac Proが登場すると言われています

AppleがIntel製の半分のサイズのApple Siliconを搭載したMac Proを設計しているという最近の主張を裏付けるように、新しいレポートによると、同社は劇的に改善されたMacプロセッサを計画しているとのことで、その中には 2022年に32コアのMac Pro、2021年後半にはiMacが含まれています

Bloombergによると、Appleは現在最高のパフォーマンスを誇るIntel製PCよりも高速なApple Siliconプロセッサの製造を期待しています、Bloombergは、この計画に詳しいとされる匿名の情報筋の話として、Appleが一連のオプションを備えた一連のプロセッサを開発していると報じています

スポンサーリンク


複数の情報筋によると、Appleはプロセッサの最速版を2022年まで維持し、さまざまなコア数を持つバージョンをリリースする可能性があると言います、しかし現在のところ、2021年の計画は新しいMacBook Proであり、エントリーレベルのiMacとハイエンドのiMacの両方です

Mac Proの最高級機は2022年に登場し、グラフィックス機能も大幅に向上する可能性も在ると言われます、Bloombergによると、ハイエンドのMacでは64コアと128コアのグラフィックス処理が搭載される可能性があります

現在、MacBook Airと13インチMacBook ProのM 1には、7コアまたは8コアが搭載されています、将来のハイエンドMacBookと、Bloombergがミッドレンジデスクトップと呼ぶものについて、Appleは16コアと32コアのグラフィックス処理をテストしていとのことです

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)