Apple Silicon M1 MacBookでスクリーンセーバーをオフにすることができない

Apple Silicon M1 MacBookでスクリーンセーバーをオフにすることができない

AppleのM1プロセッサを搭載した新しいMacBookのユーザーから、長時間放置しているとマシン上で問題が発生するという報告が増えています

これらではスクリーンセーバーが起動しており、トラックパッドやマウス、キーストロークを動かしても通常のように解除することができません

Screen saver cannot 00002

不思議なことに、「システム環境設定」>「デスクトップとスクリーンセーバー」でスクリーンセーバーを完全に無効化しているユーザーでもスクリーンセーバーの使用が確認されています

スクリーンセーバーが起動していると、「Control」+ 「Shift」+ 「Power」のキーの組み合わせ、Escapeキーを押しても、アクティブなユーザーアカウントを変更しても何の役にも立ちません

アカウントを再度変更するとすぐにスクリーンセーバーが再び表示され、コンピュータの再起動が必要です

スポンサーリンク

閉じることで解決することができる

AppleのM1プロセッサを搭載したMacBook ProまたはMacBook Airでエラーが発生した場合は、スクリーンセーバーがアクティブな間にコンピュータを短く閉じることで解決することができます

何人かのユーザーが報告しているように、スクリーンセーバーを開いてからもう一度開くと、スクリーンセーバーによる問題が解消されます

このエラーは真新しいMacBookでも発生するため、現在のところ、AppleのmacOSオペレーティングシステムにバグがあると推測でき、macOS 11とmacOS 11.0.1の両方で発生し、おそらく次のシステムアップデートでしか修正されないと思われます

AppleのM1プロセッサを搭載したMacBook AirやMacBook Proの「スクリーンセーバーロックアウト」に関する体験レポートは、Appleのサポートコミュニティ多数のオンラインフォーラムで見ることができます

ここでも、AppleのHotLineはまだこの問題を把握しておらず、現在のところ確実な修正方法を提供できないとユーザーが報告しています

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)