M1 MacはCrossOver 20を介してWindowsアプリやゲームを実行できる

M1 MacはCrossOver 20を介してWindowsアプリやゲームを実行できる

M1チップを搭載した新しいMacは、macOSとiOS用に作られたIntelとARMの両方のアプリを実行できることはすでに知っていますが、特定のソフトウェアをWindowsに依存しているMacユーザーはBoot Campのサポートを失っています

CrossOverはオープンソースのWineプロジェクトをベースとしたプラットフォームで、macOSとLinux上でWindows環境を実行することが出来ます

つまり、仮想マシンの場合のようにフルバージョンのWindowsをインストールしなくても、他のオペレーティングシステムにWindowsソフトウェアをインストールして実行できます

AppleとMicrosoftは、ARMベースの新しいMacがWindowsをサポートしていないことを認めていますが、CodeWeaversの開発者はM 1チップを搭載したMac上でCrossOver 20を実行することが出来ました

最新バージョンのCrossOverは、新しいARM Macハードウェア上のx 86バイナリをエミュレートするRosetta 2テクノロジを介して、macOS上のWindows Intelバイナリをエミュレートします

スポンサーリンク


CrossOverチームは、人気ゲーム「Among Us」のデスクトップ版や「Team Fortress 2」など、いくつかのWindowsソフトウェアをM1 Macにインストールすることに成功しました

M1チップを搭載したMac上でCrossOver 20を実行できるのは、「macOS Big Sur 11.1 beta」だけでした

macOSの最新ベータ版を使っているユーザーは、新しいMacでCrossOver 20.0.2を使ってWindowsソフトウェアを試すことが出来ます

(Source CrossOver , Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)