議会が米国でアプリのブロックを検討、政府のデバイスでのTikTok使用禁止の判断を示す

議会が米国でアプリのブロックを検討、政府のデバイスでのTikTok使用禁止の判断を示す

人気ソーシャルネットワークのTikTokは、その起源が中国であることから、かなり前からアメリカ政府によるスパイ行為の標的にされてきました、また、TikTokが実際に米国で禁止されたことはありませんが、政府はアプリの存在を快く思っていないようです

米下院は今回、政府のデバイスにTikTokをインストールすることを認めないという判断を示しました

ロイターが報じたように、米下院政府は火曜日、TikTokを米政府のデバイスから排除したことを認めました、つまり、政府のデバイスにプラットフォームをインストールして使用することはできなくなります

下院の最高行政責任者 (CAO) によると、TikTokが禁止されたのは、同プラットフォームが「多くのセキュリティ問題による高いリスク」を提供しているためだとのことです

このアプリは、現在インストールされている政府機関のデバイスから直ちにアンインストールする必要があります、この禁止措置は一般ユーザーには影響しませんが、米国からのTikTokの完全禁止に関する議論を再燃させました


2020年には、ドナルド・トランプ前米大統領がTikTokを米国から締め出す計画を発表したが、実現しませんでした

米連邦通信委員会 (FCC) は今年に入り、AppleとGoogleアプリのアプリストアからTikTokを削除すべきだと提案し、規制当局は書簡で、TikTokは中国政府にとって「洗練された監視ツール」であると主張しました

その後、TikTokの親会社であるByteDanceは、中国を拠点とする一部の従業員が米国のTikTokユーザーのデータにアクセスできることを認めました、しかし、ByteDanceによると、これらの従業員は「一連の強固なサイバーセキュリティ管理と承認プロトコルの対象となる」と言います

現時点では、TikTokが米国で完全に禁止されるかどうかはまだ不明です

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)