Google ChromeがPasskeyに対応、Webサイトへのログインが容易に

Google ChromeがPasskeyに対応、Webサイトへのログインが容易に

Google Chromeは、Webサイトやアプリへのログインをより簡単かつ安全にすることでパスワードを置き換えることを期待して、業界全体の新しい標準であるPasskeyのサポートをしたと発表しました

Passkeyを使用すると、ユーザーはiPhoneまたはAndroidデバイスを使用して認証とWebサイトへのログインを行うことができ、パスワードの必要性がなくなります

iOSおよびAndroidの新しいバージョンでは、PasskeyをサポートするWebサイトにアクセスするユーザーは、信頼できるデバイスで生体認証を使用して本人確認を行うことができます

Googleはブログで、ChromeにPasskeyのサポートを追加すると述べました、これにより、AndroidやiPhoneのデバイスでQRコードをスキャンしてログインできるようになります、Android版ChromeでもPasskeyがサポートされます

スポンサーリンク


デスクトップデバイスでは、近くのモバイルデバイスからPasskeyを使用することも選択でき、Passkeyは業界標準に基づいて構築されているため、AndroidまたはiOSデバイスのいずれかを使用できます

この方法でサインインした場合、Passkeyはモバイルデバイスから離れることはありません、安全に生成されたコードのみがサイトとやり取りされるため、パスワードとは異なり流出する可能性はありません

1Password、PayPal、Microsoft、eBayなど、他にも多くの企業やアプリがPasskeyのサポートを導入したり、今後のサポートを発表したりしています

Google ChromeのPasskeyサポートは、最新のアップデートで利用可能になりました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)