米国の10代の 87%が iPhoneを所有し、88%が iPhoneが次の携帯電話になると予想

米国の10代の 87%が iPhoneを所有し、88%が iPhoneが次の携帯電話になると予想

Piper Sandlerが、14,500人の米国の10代を対象に半年ごとに行う第44回Generation Z調査を発表しました

Piper Sandler Taking Stock With Teens調査は、平均年齢15.8歳の10代の若者14,500人から意見を収集し、半年ごとに実施される調査プロジェクトです

2001年のプロジェクト開始以来、Piper Sandlerは233,400人以上の10代の若者を対象に調査を行い、10代の消費に関する5650万以上のデータポイントを収集してきました

これによると、米国の10代の若者は87%がiPhoneを所有しており、88%が次の携帯電話はiPhoneになると予想していることがわかりました

過去10年間で、10代の若者のiPhone所有率は2倍以上に増えています、例えば2012年当時、米国の10代の若者の40パーセントがiPhoneを所有していました

Piper Sandlerは、10代の若者のiPhone利用率が高いことは、Appleのサービス製品や継続的な製品サイクルのリフレッシュにとって良い兆候であると指摘しています

スポンサーリンク


成熟したプレミアムスマートフォン市場を考えると、高い普及率と意向の高さが重要であると考えています

さらに、製品サイクルを大幅に更新する可能性のある新しいiPhoneの導入を続けているため、これらの傾向は心強く、Appleのハードウェアのインストールベースは成長を続けているため、これらのポジティブな傾向は、サービスのさらなる成長の触媒にもなり得ると考えています

Apple Watchはそれほど人気がなく、10代の若者の31%しかAppleの腕時計型デバイスを所有していませんが、Apple Watchは10代の若者に最も人気のあるスマートウォッチです

10代の若者の36.8%がスマートウォッチを所有していると回答しており、Apple Watch以外のスマートウォッチを所有しているのはわずか5.8%です

ブランド・嗜好ランキング:

  • 10代の52%がAmazonをお気に入りのeコマースサイトの1位とし、SHEIN、Nike、Lululemon、Pacsunが2位から5位を占める
  • Nikeは、アパレル(31%)、フットウェア(60%)ともに、10代全体のNo.1ブランドであり続ける
  • 好きなソーシャルプラットフォームはTikTokが昨春から400bps向上(シェア38%)、2位はSNAPで30%(2022年春比100bps減)、3位はInstagramで20%(2022年春比200bps減)
  • 10代の1日の動画消費は、Netflixが32%(前年比横ばい)、YouTubeが29%(前年比200bps減)

(Via .)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)