Thunderbolt 5は最大80 Gbpsの帯域幅を提供する可能性があるとIntel幹部が意図せずリーク

Thunderbolt 5は最大80 Gbpsの帯域幅を提供する可能性があるとIntel幹部が意図せずリーク

Intelの幹部が、Intelがまだ正式に発表していない次世代ハードウェアインタフェースプロトコルThunderbolt 5の詳細を意図せずリークしてしまいました

IntelのClient Computing Groupのエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるGregory Bryant氏は、イスラエルにあるIntelの研究開発研究所を訪れた際の様子を記録した写真をツイートしたが、その後削除されています

Anandtechによると、Thunderbolt関連のツアーの写真には、ラボの壁に貼られた「80G PHY Technology」と書かれたポスターが写っており、TB5接続が最大80Gb/sのスループットをサポートすること、つまり既存のThunderbolt 4やUSB 4接続の2倍の帯域幅をサポートすることを示唆しているとのことです

このポスターには、「USB 80Gは、既存のUSB-Cエコシステムをサポートすることを目的としています」という一文があり、インテルがこの帯域幅を同じUSB-Cインターフェース・コネクターで実行するつもりであることを示唆しています

スポンサーリンク


このポスターに記載されている、より技術的な内容は、3ビットのデータ信号を使用する新しいPAM-3実装を指しているようです、これにより、TB5は、既存の接続プロトコルで見られる、より標準的なNon-return-to-zeroやPAM-4実装で許容される帯域幅よりも高い帯域幅を実現します

しかし、TB4はパワーと実用性に優れ、下位互換性もありますが、Thunderbolt 3の最大40Gb/sを上回る帯域幅は得られないため、最大スループットが2倍になるThunderbolt 5へのステップアップは大きな意味を持ちます

例えば、TB5は、4Kおよび8Kモニターのより高いリフレッシュレートをサポートすると同時に、旧式のThunderboltおよびUSB接続との下位互換性を提供します

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)