Google Workspaceの生産性向上ツールが誰でも無料で利用可能に

Google Workspaceの生産性向上ツールが誰でも無料で利用可能に

Googleは、Docs、Sheet、Chatなど、すべてのサービスをどこでも利用できるようにしました

これまでは、Google Workspaceのアカウントを持っている人だけが利用できましたが、今日からGoogleは、Googleアカウントを持つすべての人を対象に、生産性向上ツール「Workspace」(旧 G Suite)を無料で提供します

Workspaceサービスは、他のGoogleサービスを利用しているときに、他のGoogleサービスに簡単にアクセスできるようにするものです

例えば、メールを書いているときに、Googleシートを添付する必要があるとします。通常は、別のタブでGoogleシートを開き、共有をオンにして、リンクをコピーしてメール本文に貼り付けます

Google Workspace 00002

Workspaceのサービスでは、通常サイドバーに、シートを直接開き、別のタブを開くことなく添付できるオプションが用意されています、Workspaceには、ドキュメント内のスマートな提案や、新しいチャットルーム「Spaces」など、いくつかの気の利いた追加機能も導入されています

スポンサーリンク

自分のアカウントでワークスペースをオンにするには

  1. ウェブブラウザでGmailを開きます
  2. 右上の自分のプロフィール写真の横にある歯車のアイコンをクリックします
  3. 「すべての設定を表示」を選択します
  4. 「チャットと会議」タブを選択します
  5. Google Workspace 00003

  6. Google Chatをオンにし、「変更を保存」をクリックします
  7. Google Workspace 00004

スポンサーリンク


また、Googleは、「Google Workspace Individual」という新しいサービスを導入します

Google Workspace 00005

このサービスは、一人で仕事をしていたり、非常に小さな組織で仕事をしている中小企業や起業家を対象としています

このサービスでは、スマートブッキングサービス、プロフェッショナルなビデオミーティング、パーソナライズされたメールマーケティングなど、プレミアムなWorkspaceユーティリティをこれらの企業に提供します











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)