NTTドコモ、5Gの料金を1,000円値下げし容量も100GBから無制限へ

NTTドコモ、5Gの料金を1,000円値下げし容量も100GBから無制限へ

日本経済新聞は、NTTドコモは携帯電話料金のデータ大容量プランを値下げする方向で最終調整に入り、2021年4月から、次世代通信規格「5G」の料金を月額6,650円(各種割引適用前)と1,000円引き下げ、データ容量も現行の100GBから無制限にすると報じています

現在の大容量プランは5Gが7,650円(100ギGB)、4Gが7,150円(30GB)の固定料金で提供していますが、新料金では4Gも6,550円と600円引き下げ、データ容量も60GBと倍増する予定といいます

データ利用量が少なかった月は自動的に割り引くサービスも取り入れるとみられます

既存利用者は新プランに切り替える手続きが必要とのことです

7GBを上限に利用量に応じて毎月の料金が4段階に変化する小容量プランも、今後値下げを含め検討する予定といわれます

今回のドコモの値下げを受けて、KDDIやソフトバンクも主力ブランドの価格戦略の見直しを迫られることは、間違いないと思われます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)