Walmart、Microsoftと組んでTikTokの米国事業を買収へ

Walmart、Microsoftと組んでTikTokの米国事業を買収へ

Walmartは、ByteDanceのTikTokサービスの入札でMicrosoftと提携することを認めています

米国のドナルド・トランプ大統領は8月14日、中国を拠点とするByteDanceに対し、動画共有アプリTikTokの米国事業を90日以内に売却するよう命じました

「ByteDanceが、米国の国家安全保障を損なう恐れのある行動を取るかもしれないと私に思わせる確かな証拠がある」とトランプ氏は命令の中で述べています

その結果、TikTokは、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの事業を200億ドルから300億ドルの範囲で売却することで合意に近づいています

CNBCによると…

WalmartはTikTokの買収を目指してMicrosoftと提携すると発表しました、同社はCNBCに対し、人気のある短編ビデオアプリケーションの買収に関心があることを認めています

情報筋によると、TikTokの北京を拠点とする親会社ByteDanceは、米国、カナダ、オーストラリア、およびニュージーランドの子会社を売却する契約に近づいており、売却額は200億ドルから300億ドルの範囲になる見込みだと言います、売却先はまだ決まっていないが、数日中に発表する可能性があると伝えています

スポンサーリンク


Walmartの買収が確認されたことで、Oracleを含む他の数社がこのテック企業に入札しているのに加わることになります

Walmartは、Amazonとの競争力を高めようとしている中で、この買収を進めています、近くWalmart+と呼ばれる会員制プログラムを開始する予定で、このサブスクリプションベースのサービスは、オリジナルのテレビ番組や映画を含むAmazon Primeに対抗するものです

声明の中で、Walmartは、TikTok の電子商取引と広告の統合は、「これらの市場におけるクリエイターやユーザーにとって明確な利益となる」と述べています

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)