Google、「Duo」と「Meet」を組み合わせてZoomに対抗へ

Google、「Duo」と「Meet」を組み合わせてZoomに対抗へ

Googleは現在、2種類のビデオチャットアプリケーションを提供しているが、それぞれ異なる用途とユーザー向けに設計されています

Google Duoは、ガールフレンドやボーイフレンドに「お誕生日おめでとう」や「バレンタインデーおめでとう」をプレゼントしたいときや、ブルックリンで借りた新しいアパートを両親に見せたいときなどに利用できます、Duoは、友人や家族と人生を共有するのに役立ちます

Googleは、DuoとMeetの組み合わせを検討している

ビジネス会議にビデオが必要な場合、GoogleにはMeetビデオ会議機能があり、MeetアプリやGmailアプリの下部にあるタブから開くことができます

G SuiteのCEOであるJavier Soltero氏は、5月に消費者向けコミュニケーションサービスの責任者に就任しました

その時点で情報筋によると、このユニットにはDuo、Messages、そしてAndroidのPhoneアプリが含まれていますが、Soltero氏は従業員にDuoとMeetが共存する理由はないと話し始めたと言います

GoogleはDuoに力を入れ、新機能を追加してきました、しかし、世界的な大流行のさなか、自宅で仕事をしている人たちは、Zoomのような業務用ビデオ会議アプリを使っていて、100人もの参加者との大規模な会議を無料で行うことが出来ます

スポンサーリンク

Zoomに対抗

GoogleはZoomに対抗しようとしており、そのための方法はDuoとMeetを組み合わせることです

MeetはDuoよりもビデオ会議アプリなので、Meetの名前がそのまま残ることになりそうです、動画アプリを1つだけ持っていれば、消費者は自分の目的のためにDuoを使うべきなのかMeetを使うべきなのか混乱しなくて済みます

今回のパンデミックでは、GoogleはZoomに対抗するためにMeetを強化しただけでなく、Duoにも新機能を追加しています

たとえば、Duoでは、一度に最大32人までのビデオ通話が可能になりました、また、ZoomやMeetと同じように、リンクをタップすることでDuoのビデオ通話に参加できるようになりました

例えば、「新しい会議」をタップすると、ホストがビデオ会議に参加したいというリンクが表示され、他の人と共有することができます

GoogleにはZoomの強力なライバルになるだけの資力があります、Meetは今のところ無料で、Googleはしばらくの間、この価格設定を続けることにするかもしれません

情報筋によると、これが実現する前に、電話番号の統合やエンドツーエンドの暗号化の使用など、Duoの一部の機能がMeetに移行する予定のようです、Meetユーザーには、既にいくつかのセキュリティ対策が提供されており、Meetのビデオ会議に参加するには、主催者の招待や承認が必要です

DuoとMeetを組み合わせることで、消費者と企業の両方が利用できるビデオアプリが1つになります、これがいつ実現するかは不明ですが、Google MeetはApp StoreとGoogle Play Storeからインストールでき、DuoはiOSとAndroidでも利用できます

(Via phone Arena.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)