Nvidiaがソフトバンクから320億ドル以上でArmを買収するために交渉中

Nvidiaがソフトバンクから320億ドル以上でArmを買収するために交渉中

グラフィックスチップメーカーのNvidiaが、2016年にARMを320億ドルで買収したソフトバンクグループから、英国の半導体設計会社Arm Holdingsの買収を真剣に検討しているという噂が増えています

Financial TimesとBloomberg Newsの両社は、ソフトバンクに当初の買収価格以上の金額をもたらす契約について交渉していると報じています

Arm社は、チップの製造や販売を行っているわけではなく、プロセッサの設計を行い、それをNvidia、Marvell Technology Group、Broadcomなどの企業にライセンス供与しています

Armベースのプロセッサは、世界の携帯電話やタブレットの95%に搭載されています、また、同社はPC用のプロセッサも設計しています

Appleは最近、Macパソコンを内部設計のArmベースのチップ(Apple silicon)に移行し、インテル社のプロセッサから離れる計画を発表しました、Nvidia社がArmを買収すれば、Nvidia社を競合他社と見ている他のライセンシーからは、異論が出るのはほぼ確実と思われます

スポンサーリンク


Armを売却する動きは、ソフトバンクが最近、市場価値と原資産価値の大きなギャップを埋めるために積極的な動きを見せていることと一致しています、同社は今年に入って、410億ドル相当の資産を売却し、その資金を株式の買い戻しと債務の返済に充てる計画を発表しています

(Via Barrons.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)