新しいH .266 VCCコーデックは従来の標準(H.265 HEVC)よりも最大50%効率が向上

新しいH .266 VCCコーデックは従来の標準(H.265 HEVC)よりも最大50%効率が向上

フラウンホーファーハインリッヒヘルツ研究所は、H .266 Versatile Video Codecを発表し、これは将来のiPhoneでよりデータ効率の良いビデオキャプチャと伝送を可能にします

長年の研究と標準化を経て開発されたこの更新されたビデオコーデックは、将来のiPhoneユーザーに多くの具体的なメリットをもたらします

以前のH.265 HEVCコーデックでは、90分の超高精細ビデオを伝送するのに約10GBのデータが必要でした

H.266では5GBでそれが可能です、このコーデックは、500ページに及ぶ仕様書に詳細が記載されているように、4Kと8Kのストリーミングで使用するために一から設計されています

これにより、ユーザーはより多くの高精細なビデオを保存し、セルラーネットワーク上のデータ量を減らすことができるようになります

スポンサーリンク


フラウンホーファーHHIの動画符号化システムの責任者であるベンヤミン・ブロス氏は次のように述べています

H.266/VVCによる符号化効率の飛躍的な向上により、世界的に動画の利用が拡大します。さらに、H.266/VVCの汎用性が向上したことで、動画の伝送や保存に関連する幅広いアプリケーションでの使用が可能になりました

H.266は、同研究所が「ピナクル」と呼ぶ、4世代にわたる国際的なビデオ符号化標準を表しています

以前のコーデックであるH.265/HEVCとH.264/AVCは、全世界のビデオビット総量の推定90%を処理しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)