Apple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスは、音楽業界の収益の80%を占める

Apple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスは、音楽業界の収益の80%を占める

Apple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスは、引き続きアメリカの音楽ビジネスを牽引するエンジンであり、2019年上半期の全業界収益の約80%をカテゴリが占めています

RIAA 00001 z

ストリーミングサービス

アメリカレコード協会(RIAA)の最新レポートによると、ストリーミングサービスからの収益は、前年同期比26%増の43億ドルに達しました

RIAA 00003 z

このセグメントには、Apple Musicなどのサブスクリプション製品、PandoraやSiriusXMなどのデジタルおよびカスタマイズされたラジオサービス、YouTubeなどの広告サポートオンデマンドサービスからの収益が含まれています

スポンサーリンク


全体として、サブスクリプションサービスからの収入は、業界全体の収益の62%と米国のストリーミング音楽の収益の77%を占めていると報告書は述べています

ストリーミングサービスにより、小売売上高は54億ドルになり、2018年の46億ドルから18%増加しました

アメリカレコード協会(RIAA)は、ストリーミング収益の増加がデジタル販売の減少によって部分的に相殺されたことに注目しています

Internet Software and ServicesのApple SVPであるEddy Cue氏は、Apple Musicが2015年に発売された製品の成果である6,000万人の加入者を達成したと6月に発表しています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)