科学者たちは、Apple AirPodや他のワイヤレスヘッドフォンが癌に関連するかもしれないと懸念する

科学者たちは、Apple AirPodや他のワイヤレスヘッドフォンが癌に関連するかもしれないと懸念する

健康上の危険性

科学者たちは、無線技術の潜在的な健康上の危険性に対する懸念をますます強めています、彼らは、国内および国際的な規制は制限することができません

例えば、AppleのワイヤレスAirPodsは「誘導磁界を使って互いに通信し、可変磁界はあなたの脳を介して相手と通信する」とJoel Moskowitz博士は説明しています

カリフォルニア大学バークレー校の携帯電話に焦点​​を当てたコミュニティヘルス教授のMoskowitz博士は、潜在的な影響を制限するための規制は言うまでもなく、これが脳にどのような影響を及ぼすかについての研究さえまだないと述べています

しかし「あなたにとって、決して良いことではない」と同博士は言っています

多くの一般的な無線技術からのマイクロ波放射が健康上のリスクをもたらす可能性があるという警告は250名の署名を集めました

科学的な陪審は、特定の機器が癌を引き起こすかどうかについて未だに論じていませんが、それらが発する無線周波放射(Bluetooth、携帯電話および無線LAN送信に使用)の種類に関する動物実験は癌との関連を示唆しました

スポンサーリンク


昨年、Appleは2800万ペアの小型の白いワイヤレスイヤホンAirPodsを販売しました、AppleとBeatsのワイヤレスヘッドフォンを合わせると、製品市場の40%を占めます

さらに多くの研究を行う必要がある

現在、あらゆる種類の電波をベースとした技術に対するより詳細な監視と警告を求めている科学者たちは、Bluetoothの放射が人間の外耳道と脳にどれだけ近いかということに特に関心を寄せています

国際癌研究機関は、電場放射線を発癌物質の可能性があると宣言しています

Wi-Fiも癌のリスクをもたらすことが示されています

それぞれの種類の電磁周波数(EMF)に関連する正確なリスクを明確にするためには、さらに多くの研究を行う必要がありますが、請願科学者らは、これらの技術の現在の使用は危険に注意を向けており、規制当局に説明責任を負わせたいと考えています

(Via Daily Mail.)










スポンサーリンク


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Alberto

    重要な指摘です。電磁波による健康への悪影響は、長い間語られてきました。高圧線直下や携帯電話基地局近くでの生活、耳元での携帯電話の使用、電気毛布や電子レンジなど、多くの生活に関係する家電製品で健康に危険なレベルが報告されています。しかし、これらのサービスを提供したり製品を販売する業界の力があまりに大きいため、一部の国を除いてまともに研究すらされていないのです。私は最初から、AirPodsのような独立型のイヤホンが、脳の中を電磁波が通過することなしに成立しないことに不安を感じています。クールな製品であることは私も認めるところですが、リベラルな企業で知られるAppleであればこそ、健康被害の可能性を公表して、対策を広めるべきだと思っています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)