AppleのFace IDサプライヤーのFinisarが32億ドルで光学システム会社に買収される

AppleのFace IDサプライヤーのFinisarが32億ドルで光学システム会社に買収される

AppleのFace IDシステムをiPhoneで使用するレーザースキャナの製造元であるFinisarは、約32億ドルで光学システム会社のII-VI Inc.に買収される予定です

II-VIは現金と株式の交換でおこなわれます、Finisarの株主は合併後、合併会社の約31%を所有する予定で、現在規制当局の承認を得て2019年中頃に終了する予定です

Finisarは、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRのTrueDepthカメラで使用されるVCSEL(垂直共振器面発光レーザ)用のAppleのサプライヤーとして知られています

レーザーは、主にFace IDだけでなく、Portrait selfiesやAnimojiなどの他の機能についても、ユーザーの顔の奥行きマップを作成するために使用されています

2017年12月にAppleが同社に3億9000万ドルの投資をしたとの報告があったが、契約の条件は当時不明でした

合意は、将来の受注の前払いであり、競合他社を排除しながら、コンポーネントの自らの供給を確保するためにAppleが設計したものであることが、後に明らかになっています

スポンサーリンク


II-VIはオプトエレクトロニクス部品および光学システム製造業者です、そのために両社の間にはかなりの相乗効果があり、声明の中で、II-VIは、この買収により、業界をリードするフォトニクスと化合物半導体企業を形成する補完的な能力と文化を持つ革新的な2つの業界リーダーを結集すると主張しています

この買収は、自走車を含むVCSELを使用する他の分野のII-VIにも役立ち、車に深度マップを介して道路や近くの障害物を見ることができます

これはAppleが “Project Titan”経由で関与している分野でもあり、iPhoneプロデューサーはカリフォルニア州の自律走行車を運営し、自走システムをテストしています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)